読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

【日韓合意とは何だったのか?】 朝鮮人慰安婦問題をめぐって、安倍晋三とパク・クネとの間で取り交わされた日韓合意が、予想通りとはいえ、パク・クネ大統領の弾劾、失職にともなって、風前の灯となっている。韓国側は、パク・クネ大統領の失職とともに日韓合意そのものを反故にする気配だが、それを予測した日本側の安倍政権は、駐韓大使の一時帰国という強行手段に出たようだ。安倍晋三は、慰安婦問題の最終的解決を目指したはずだったが、 ……<<下に続く。ここをクリック。>>……

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

【日韓合意とは何だったのか?】

朝鮮人慰安婦問題をめぐって、安倍晋三とパク・クネとの間で取り交わされた日韓合意が、予想通りとはいえ、パク・クネ大統領の弾劾、失職にともなって、風前の灯となっている。韓国側は、パク・クネ大統領の失職とともに日韓合意そのものを反故にする気配だが、それを予測した日本側の安倍政権は、駐韓大使の一時帰国という強行手段に出たようだ。

安倍晋三は、慰安婦問題の最終的解決を目指したはずだったが、そんなことが可能なはずはないことは、最初からわかっていたはずである。安倍首相や安倍政権の面々は、「10億円」出せば、最終的に解決できると思ったのかもしれないが、そもそも、慰安婦問題などのような心理的問題が絡んだ微妙、且つ複雑怪奇な外交問題に「最終的解決」を求める方がおかしい。

私は、パク・クネ大統領のスキャンダルで、慰安婦問題が再燃することになったとは思わない。慰安婦問題に最終的解決などはない。むしろ慰安婦問題の最終決着を目指したというところに、安倍外交の幼稚=稚拙さが現れている。最終的決着を目指すことは悪いことではない。しかし、「10億円」の金で、最終的に解決したと考えるのは、妄想か錯覚以外のなにものでもない。

慰安婦問題はあるといえば「ある」のであり、ないと言えば「ない」のである。何故、韓国と日本の間に慰安婦問題が、重要な外交問題として存在するのか。それは、主に韓国側の問題であり、韓国側の「日本コンプレクッス」の問題である。韓国が、日本を超える大国になれば、慰安婦問題など雲散霧消する。しかし、韓国は、永久に日本を超える大国にはならない。故に、慰安婦問題に最終的な解決はない。

(続く)

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。