哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

【 慰安婦少女像問題の対立は、さらに深刻化。釜山市議会は慰安婦少女像を合法化か?】 安倍政権は、慰安婦少女像問題に過敏に反応しているが、駐韓大使の帰国など、反応が過激になればなるほど、韓国側の反応も、さらに強固になっている。ついに、釜山市議会は、慰安婦少女像の合法化を目指して、条例案を検討しているようだ。…<<下に続く。ここをクリック。>>……

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー




慰安婦少女像問題の対立は、さらに深刻化。釜山市議会は慰安婦少女像を合法化か?】
安倍政権は、慰安婦少女像問題に過敏に反応しているが、駐韓大使の帰国など、反応が過激になればなるほど、韓国側の反応も、さらに強固になっている。ついに、釜山市議会は、慰安婦少女像の合法化を目指して、条例案を検討しているようだ。






▼▼▼▼▼▼▼▼以下引用▼▼▼▼▼▼▼▼

釜山の少女像、市議会に「保護条例案」提出へ
TBS系(JNN) 1/11(水) 19:40配信



 韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前の少女像をめぐり日韓が対立している問題で、釜山市議会に像を保護するための条例案が出される見通しであることが分かりました。

 釜山市議会の鄭明姫(チョン・ミョンヒ)議員は近く、日本総領事館前に置かれた慰安婦を象徴する少女像を管理・保護するための条例案を発議する意向を明らかにしました。

 少女像について日本政府は、おととしの日韓合意の精神に反するだけでなく、外国公館の保護を定めた「ウィーン条約」にも違反しているなどとして強く撤去を求めています。

 さらに、公道に無許可で像を置く行為は、韓国の国内法である道路法にも違反していますが、合意に反発する激しい世論に押されて韓国政府は黙認したままです。

 条例が成立すれば、自治体が少女像を「合法化」するための根拠が示されることになり、日韓のさらなる外交摩擦を生むおそれがあります。(11日17:34)

最終更新:1/11(水) 19:59
TBS系(JNN)


👈応援クリックよろしくお願いします!