哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

【安倍外交亡国論】 安倍首相は「外交」が得意というか、「外交」というものに、かなり自信を持っているように見受けられる。トランプからプーチン、ドゥテルテ・・・まで、安倍外交は、今日も世界各地で、世界のトップリーダー達を相手に、始動中のようだが、私は、この無邪気な「外交音痴」の行なっている綱渡りの外交こそ危険であると警告したくなる。 安倍政権はネット右翼政権である。つまり安倍外交も「ネット右翼外交」である。中国脅威論を金科玉条のごとくふりまわし、沖縄に中国が攻めてくる? …<<下に続く

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



安倍外交亡国論】
安倍首相は「外交」が得意というか、「外交」というものに、かなり自信を持っているように見受けられる。トランプからプーチン、ドゥテルテ・・・まで、安倍外交は、今日も世界各地で、世界のトップリーダー達を相手に、始動中のようだが、私は、この無邪気な「外交音痴」の行なっている綱渡りの外交こそ危険であると警告したくなる。



安倍政権はネット右翼政権である。つまり安倍外交も「ネット右翼外交」である。中国脅威論を金科玉条のごとくふりまわし、沖縄に中国が攻めてくる、沖縄の反米軍基地闘争は中国の謀略であり、沖縄左翼は中国から資金提供を受けている……というようなネット右翼的妄想を、安倍政権も共有している。



こういう単純素朴な妄想の虜になっている「ネット右翼政権」による外交が、結果的に何をもたらすかは自明である。亡国である。要するに「安倍外交亡国論」の可能性である。



私は、安倍晋三個人は嫌いではない。私から見ても、安倍首相は「いい人」である。しかし、政治家は「いい人」で充分ではない。むしろ、「いい人」が、「人気者」になり、「政治指導者」になり、独善的な「外交戦略」をとるに及んで、「国民に塗炭の苦しみを味あわせる」ことが少なくない。






👈応援クリックよろしくお願いします!



山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。⬇︎

月刊日本 2017年 01 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 01 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠


👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。