読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

石原慎太郎研究。 私は、若い頃、大江健三郎を読むと同時に、石原慎太郎も熱心に読んでいた。私は、その頃、作家・大江健三郎から影響を受けたが、作家・石原慎太郎からも影響を受けた。そこには、教室で習う「死んだ文学」ではなく、「生きた文学」があった。石原慎太郎が参議院選挙に立候補し、トップ当選した頃は、私も、文学だけではなく、政治にも興味を持ちはじめた。その後、石原慎太郎への関心はうすれ、次第に石原慎太郎に対しては批判的になっていったが、それにもかかわらず、石原慎太郎への敬愛の念は、今も消えていない。

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

石原慎太郎研究。
私は、若い頃、大江健三郎を読むと同時に、石原慎太郎も熱心に読んでいた。私は、その頃、作家・大江健三郎から影響を受けたが、作家・石原慎太郎からも影響を受けた。そこには、教室で習う「死んだ文学」ではなく、「生きた文学」があった。石原慎太郎参議院選挙に立候補し、トップ当選した頃から、私も、文学だけではなく、政治にも興味を持ちはじめた。その後、石原慎太郎への関心はうすれ、次第に石原慎太郎に対しては批判的になっていったが、それにもかかわらず、石原慎太郎への敬愛の念は、今も消えていない。


大江健三郎石原慎太郎江藤淳という、私から見ても、あまり年齢の離れていない、若い文学者たちの存在を知ることによって、私の「人生」は始まったといってよい。私は、将来は「文学」や「哲学」で生きていくことを決め、そのために大学進学を目指して、鹿児島から上京した。上京すると同時に、早稲田界隈の古書店を巡り歩き、大江健三郎石原慎太郎の出ている古い文芸誌を探し、読み漁った。


「文学界」に掲載されていた座談会「怒れる若者たち」を見つけ、読みふけったことを覚えている。そこには、「あこがれていた」・・・石原慎太郎大江健三郎江藤淳等が登場し、文学や政治について、若々しい声で、活発に語っていた。私の青春時代である。


そして、私は慶應大学に進学し、やがて慶應で、「夏目漱石研究」を講義していた江藤淳とも面識が出来ることになり、「三田文学」などをステップに、文学の世界に足を踏み入れるのだが、すべては、あの頃に始まっている。そのことを、私は、後悔したことは一度もない。



さて、石原慎太郎である。今、その石原慎太郎も80を越え、すっかり、老いてしまっている。昨年は、『天才』という田中角栄伝が、ベストセラーになったらしいが、私は読んでいない。ところで、今、その石原慎太郎が、あらためて話題になっている。もちろん、話題になっているのは、作家としての石原慎太郎ではなく政治家としての石原慎太郎である。都知事時代の石原慎太郎が、築地市場の「豊洲移設」問題で、政治責任を追及されている。マスコミでは、現代の「巨悪」のように、連日、報道されている。


小池百合子都知事が、石原慎太郎をターゲットにして、大衆相手の小池劇場で、「人民裁判劇」という大衆演劇を演出しようとしているらしい。これは、いつか見た光景だなと思う。曽野綾子等が、大江健三郎をターゲットにして、演出した「沖縄集団自決裁判劇」である。私は、大江健三郎石原慎太郎らのような大スターを、大衆の前に引き摺り出し、吊るし上げて、日頃の恨みつらみを晴らそうとする光景に接して、現代の日本人の貧しい思想状況を考えないわけにはいかない。


かつて、田中角栄逮捕劇や田中角栄裁判に対して 、江藤淳は、一度、総理総裁を務めたような人物を、逮捕したり、裁判にかけるなどということは、決していいことではない、と言った。私もそうだと思った。私は、「大江健三郎裁判」では、終始一貫して大江健三郎を擁護する論陣を張り、ノーベル賞作家・大江健三郎を悪しざまに罵る三流作家・曽野綾子や、政治マンガ家・「小林よしのり」等を批判した。



私は、現在の石原慎太郎に対しては、文学的にも政治的にも批判的だが、しかし、小池百合子等が仕掛ける「石原慎太郎潰し」には、反対する。韓国のルサンチマン政治のように、大衆に媚びた醜い怨念で、政治や文学をやってはならない。石原慎太郎は、戦後日本が産み出した大スターである。言い換えれば、善かれ悪しかれ、戦後日本の文化と思想と政治の骨格を作った「歴史的大人物」の一人が、石原慎太郎である。こういう「歴史的大人物」を、大衆の怨念を悪用して、足蹴りに、歴史の闇に葬り去り、ウサを晴らそうとすることは、教育上もよろしくない。


石原慎太郎は、小池百合子ごとき三流の人物とはレベルが違う。しかし、それにしても、「石原慎太郎潰し」に暗躍する小池百合子といい、「大江健三郎裁判劇」で暗躍した曽野綾子といい、あるいは「小沢一郎裁判劇」などで暗躍した櫻井よしこといい、最近の日本の女たちは、どうしたのか。政治闘争や権力闘争と、恨みつらみに凝り固まった怨念政治と混同しているのではないか。








(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!



山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。⬇︎

月刊日本 2017年 02 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 02 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。