哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

小泉純一郎小池百合子 。 小池百合子のテレビを利用した「怨念・復讐・政治」を見ていて、小泉純一郎首相時代の「小泉劇場」という「怨念政治」を思い出す人は、少なくないに違いない。実は、小泉純一郎も、テレビしか見ない政治家だった。つまり、本を読んで、深く物を考えるタイプの政治家ではなかった。日本的共同体の破壊=解体という現代日本の悲劇は、そこから始まった。小池百合子が、今、やろうとしていること何か。おそらく「小泉劇場」ならぬ「小池劇場」であることは明らかである。……<<下に続く。ここをクリック。>>…

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️




ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。


ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



小泉純一郎小池百合子
小池百合子のテレビを利用した「怨念・復讐・政治」を見ていて、小泉純一郎首相時代の「小泉劇場」という「怨念政治」を思い出す人は、少なくないに違いない。実は、小泉純一郎も、テレビしか見ない政治家だった。つまり、本を読んで、深く物を考えるタイプの政治家ではなかった。日本的共同体の破壊=解体という現代日本の悲劇は、そこから始まった。小池百合子が、今、やろうとしていることは何か。おそらく「小泉純一郎劇場」ならぬ「小池百合子劇場」であることは明らかである。



ブッシュ大統領一家の前で、プレスリーの猿真似をして、サングラスをかけ、腰をふり 、狂態を演じて、多くの日本人から顰蹙をかったのが小泉純一郎だったが、小泉純一郎本人は、破廉恥を破廉恥とは感受できならしく、逆に、有頂天になっていた。小池百合子は、「都政大改革」というキャッチフレーズを掲げているが、都政改革そっちのけで、女性特有の「恨みつらみ」を全開し、テレビしか見ない凡愚の大衆を扇動=動員して、「人身攻撃」に終始している。テレビのコメンテーターたちは、大衆に媚びて、それを、「小池百合子はすごい。すごい。」と馬鹿の一つ覚えのように、誉めそやしている。小泉純一郎ならぬヒットラーの「ナチス的政治手法」である。


無能な、大衆に媚びた三流政治家が陥りやすい扇動=動員政治である。小泉純一郎劇場の悲劇が、小池百合子劇場に名前をかえて繰り返されようとしている。テレビのアナウンサーやコメンテーターたちこそ、大衆扇動=動員政治、デマコギー政治とプロパガンダ政治の尖兵である。





(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!



山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。⬇︎

月刊日本 2017年 02 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 02 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。