読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

<<豊洲市場移転問題>>をオモチャにするなかれ!「小池百合子問題(2)」 オリンピック競技場問題がそうだったように、<<豊洲市場移転問題>>も、<<小池百合子問題>>である。小池百合子は、「選挙」で選ばれたこよによって、東京都政に関する限り大統領的地位と権力を手にしたと錯覚、妄想していると言っていい。「何でも出来る」という錯覚と自己欺瞞である。小池百合子の「スケープゴートの政治学」にそれは反映している。 ……<<下に続く。ここをクリック。>>……

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


⬆︎⬆︎⬆︎
ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。


ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー




<<豊洲市場移転問題>>をオモチャにするなかれ!「小池百合子問題(2)」
オリンピック競技場問題がそうだったように、<<豊洲市場移転問題>>も、<<小池百合子問題>>である。小池百合子は、「選挙」で選ばれたこよによって、東京都政に関する限り大統領的地位と権力を手にしたと錯覚、妄想していると言っていい。「何でも出来る」という錯覚と自己欺瞞である。小池百合子の「スケープゴートの政治学」にそれは反映している。


石原慎太郎を「参考人呼び出し」、つまり「証人喚問」だけでなく、調査権や罰則規定のある「百条委員会」への呼び出しも、公明党の賛成によって、ほぼ決まったらしい。


小池百合子の<<人間性>>という問題だけではなく公明党という政党の体質の問題が、ここに、よく現れていると思う。要するに、公明党という政党は、勝ち組に乗り換える政党であるということだ。公明党の裏切りは選挙目当てだろう。後々のために、これは記憶しておいていい。



さて、「百条委員会」の設置は、都議会の議決によって決まる。都知事が独断専行で設置できるわけではない。「百条委員会」という名称の由来は、「地方自治法」の百条に、この規定が書いてあるからである。つまり、都政は、地方自治法にのっとって運営されているのだ。



とすれば、<<豊洲市場移転問題>>も、都議会の議決によって、決断、実行されているということだ。<<豊洲市場移転問題>>や土地買収問題などは、都議会の議決なしには行えないのである。


小池百合子の発言やテレビ報道などによると、<<豊洲市場移転問題>>は、石原慎太郎の個人責任のように、発言、報道しているかに見える。果たして、<<豊洲市場移転問題>>は、石原慎太郎個人の政治責任の問題なのか。それとも、形骸化していたとしても、都議会の政治責任も追求されるべきなのか。


つまり、「百条委員会」設置に賛成するという公明党は、<<豊洲市場移転問題>>では、都議会では豊洲移転に賛成しなかったのかよ。賛成したのだろう。まず、公明党都議連中を百条委員会に呼び出せよ。裏切り者をのさぼらせるな。


ところで、爆笑問題太田光が、「サンデージャポン」で、小池百合子石原慎太郎の対立を、「まったく個人的なケンカだ」と斬り捨てたらしい。これが、正論だろう。


東京都議会ホームページより
▼▼▼▼▼▼▼▼以下引用▼▼▼▼▼▼▼▼

 「都議会は、知事や議員から提出された議案などを審議し、その可否を決定します。このように議会の意思を決めることを「議決」といいます。都議会が「議決機関」又は「意思決定機関」と言われるゆえんです。
 都議会の議決を得なければ、知事は事業を執行できません。しかし、都議会が東京都に関するすべての事項について意思決定するわけではありません。議決を必要とする事項(議決事件)は、地方自治法第96条で定められています。」
▲▲▲▲▲▲▲▲引用終り▲▲▲▲▲▲▲▲

(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!



山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。⬇︎

月刊日本 2017年 02 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 02 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

⬆︎⬆︎⬆︎
ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。