読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

「石原記者会見」を読み直す。 いろいろ評価はあるようだが、私は、石原慎太郎の記者会見は大成功だったと思う。その後、ネットを中心に、激しい「小池百合子バッシング」が始まっている。 ヒドイのは、豊洲の土地建物が、半値で「外資」に売り飛ばされようとしていたという事実も、石原慎太郎によって暴露され、大問題になっている。ここでいう外資とは、中国のアリババらしい。小池百合子の裏にはアメリカ帰りの経営コンサルタント(上山信一、慶大教授)がいると指摘してきたが、その通りだったようだ。 さらに、豊洲地下

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


⬆︎⬆︎⬆︎
ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。


ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



石原慎太郎記者会見」を読み直す。 いろいろ評価はあるようだが、私は、石原慎太郎の記者会見は大成功だったと思う。その後、ネットを中心に、激しい「小池百合子バッシング」が始まっている。


ヒドイのは、豊洲の土地建物が、半値で「外資」に売り飛ばされようとしていたという事実も、石原慎太郎によって暴露され、大問題になっている。ここでいう外資とは、中国のアリババらしい。小池百合子の裏にはアメリカ帰りの経営コンサルタント(上山信一、慶大教授)がいると指摘してきたが、その通りだったようだ。


さらに、豊洲地下水から「78倍」のベンゼンが検出されたという検査が、実は、都側の誘導による不正調査だったことが、担当した「湘南分析センター」の調査員によって暴露されたらしい。


今後、小池百合子の犯罪が、次々と暴露されるだろう。

▼▼▼▼▼▼▼▼以下引用▼▼▼▼▼▼▼▼


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/00011513


①小池知事は不作為の責任を

【全文】「小池知事を告発すべき」石原元知事が会見


みなさん、本日この機会を与えていただいて本当にありがとうございました。私が3月18、19日に百条委員会なるものに呼ばれているようですが、とてもそれまで待てない心境です。座して死を待つつもりはありません。豊洲問題の住民訴訟の判決をひっくり返して新しい弁護団民事訴訟すると切り替えたようですが、これは論外にして、とにかくそれ以来、私の家のまわりに小池さんのランニングドッグのメディアがやってきて、プライバシーは侵される、近所迷惑するという混乱が続いた。生活が生活にならない状況。

【動画】石原元知事による会見

私自身も2年前に軽い脳梗塞をしまして、奇跡的に早期発見で一命をとりとめているが、おかげさまで言葉もしゃべれるようになりました。帰ったら田中角栄さんの天才と言う本が評判になっていたが、私は田中さんが脳梗塞に倒れられたあとロッキード裁判と言うインチキの冤罪裁判で憤懣やるかたなく一言もかたらずに亡くなられた心境を思えば思うほど痛ましく、私自身がそのざまで死ぬまで生き続けるつもりはないし、ことをはっきりさせるためにこういう機会を設けさせていただきました。

行政の責任は2つ種類があると思います。それは作為に対する責任、もうひとつは不作為に対する責任。すべきことをしなかった責任があると思います。これを小池知事に問いたい。私は当時の最高責任者として審議会なり、専門家入れた特別委員会なり、議会も調査権を使って、きわどい採決をしましたが、最高責任者として私はとにかく豊洲移転に裁可してほしいと言われて裁可しました。ということで、ハンコを押すことが決まったわけですが、ともかく、行政の責任は当然裁可した最高責任者にある。それは認めます。しかし、やるべきことをやらずに看過しほったらかしにして、築地で働いている人を生殺しにして、ランニングコストにべらぼうなお金がかかる、補償もかかる、こういった混迷、迷走をやっている責任は今の都知事、小池さんにあると思います。

私は、この問題について発言された米田さんという京都大学の最高権威の学者のお話を直に聞きました。彼から紹介された女性で中西さんですか、豊洲の元凶は危険がない、風評に負けて豊洲が放置されることは化学が風評に負けたことになる。これは国辱だ、世界に恥をかくというコメントをもらいました。小池さんはいま権限を持って、私は豊洲に移転をすべきだと思いますし、しないなら告発すべきで、不作為の責任だと思います。

それから、私のスタッフがたまたま綿密に時系列に沿って、どういう時点でどういう報告があったのか、調べてくれました。記者会見で私が豊洲移転に全面的に賛成ではなく、リラクタントだったという映像や音声が出てきました。私の想いと言いますか、時系列に沿ったいろんな時点でのあるべき報告書、あるべき答申、都庁が本来持っているわけですから、顧問団を踏まえて、私個人に知事が質問をしなくても、都庁が調べたらわかることですし、百条委員会など都議会の責任で色々な調査権があるのでそれで調べれば自明にわかることはたくさんあると思いますので、それについても申し上げたいと思います。

②移転ありきではなかった

【代読(要旨)】
まず移転経緯について。築地から移転への決まった経緯についてお話しします。

私の都知事在任中に、豊洲移転に向けて事業が進んだことは間違いありません。しかしながら、私が都知事に就任する10年以上も前に築地市場の現地再整備の方針が決まり、数百億円が支出されたにもかかわらず、とん挫し、築地の限界を認めざるを得なくなっていたという経緯があります。すなわち、移転ありきではなく、現地再整備が極めて難しく移転やむなしとなったわけです。移転先候補地を調査する中で1995年には豊洲地区の名前が挙がり、市場関係者の団体の過半が豊洲地区を念頭に移転推進の意見を取りまとめるにいたったようです。私が都知事に就任して、早々に豊洲という土地への移転は既定路線と担当の副知事から聞いた。

土地売買の経緯について話します。東京ガスとの用地取得交渉について。報道によれば、1998年8月には東京ガスの土地の調査に着手しており、9月には東京ガス本社に聞いていたようです。記憶の限りでは、東京の関係部局から具体的な報告を受けたことはありません。私が知事に就任する前から東京との関係部局からは豊洲以外にはないと担当部局が考えで一貫していたと思います。浜渦氏から逐一報告は受けていませんでした。

譲渡価格が妥当かどうかは外部専門家が委員となっているということですから妥当であったと思います。詳細な契約文言について記憶はありません。時系列表をご覧いただければわかる通り、法令が要請する以上の土壌汚染対策は東京都が費用負担することもあると思います。都議会にもお認めいただきました。

売買契約の際、東京ガスには72億円の追加負担をいただいていたようです。土壌汚染対策と盛り土行なわれなかったことについて。必要性は誰もが分かっていたことで協議されていたことですが、知見を有する部局が検討しており、私が判断したことはありません。都との間で、2004年と2005年に東京ガスで対策してもらうことで合意しています。東京ガスはこれらを対応し、確認しています。それでも懸念する声があったことから、専門家会議を開き、一部で高濃度の汚染が見られました。土壌汚染対策工事の技術会議が設置されました。二次に渡り報告書があり、対策すれば克服できるというものでした。

同会議は豊洲移転は可能であると判断したことになります。私には技術的知見はありませんし、細かい記憶はありませんが、政治家として長年の築地市場問題を解決するため、豊洲移転を発表しました。土地の売買契約をするまでに関係部局からの報告の中で土壌汚染の報告はあったと思いますが、日本の技術で対策できると思っていました。盛り土については記憶がありません。

③私は裁可せざるを得なかった

Q前から決まっていたと言うが、なぜ止められなかった?

私も専門家ではありませんから、専門部局、環境局もありますし、港湾局もありますし、専門家を入れた検討委員会もありますから、それに一任するしかなかく、私が科学者でもありませんから、その報告を待って、最終的に各局をまたぎ、結論を上申してきて私のところにこういうことで裁可願いますと、そのとき、土壌の問題は大丈夫なんだろうなと聞いたところ、今の技術をもってすれば大丈夫だと。それならわかったと。議会は議会で調査意見でいろんな調査もしたはずですし、決算委員会でも了としてきたので、行政の組織と都庁全体が専門家も含めて了解し、議会が了としたので、私は裁可せざるを得なかったので裁可しました。
Q瑕疵担保の免責は石原さんも「自分も変だと思った」と述べているが?

これは、私自身が物の売買に携わったことがございませんし、商売したこともありませんし、東京ガスとの交渉は副知事が担当していて、ならなからちが明かないので辣腕の後の副知事の浜渦氏に一任しました。浜渦君に任せたわけは、実は東京全体が再建団体転落の一歩寸前だったんですよ。これは東京が再建団体に転落したらみっともないし何とかしないといけないと言うことで会計制度も変えました。各局の会計監査も公認会計士の方々にやってもらいました。

それから一番大事なのは、何といっても歳出の多い、膨大な数の東京都の職員の歳費をカットしなくちゃとてもじゃないが賄いきれないということで、当時の矢沢委員長という立派な委員長がいましたが、彼を説得し、ある意味で籠絡もし、都庁の職員の歳費の20%カットをやりました。それで、本当は2年の約束を嘘ついて3年にしちゃったが、5年間で4000億円の貯金もできまして、それを受けて私もオリンピックと言い出したんですが、浜渦副知事もある段階で、後任者の前川君にバトンタッチして、彼が実際の契約までもっていったと聞いていますが、その間の瑕疵責任に対する留保云々の報告も受けてないし相談も受けていません。一任したことで、東京ガスと都庁の間の契約交渉の中で、瑕疵責任の留保をどういう条件でしたのかわかりませんが、私はそこまで細密に報告を受けていません。

Q途中経過は浜渦さんはしなかった?

そんな小さなことに私も構っていられませんし部下を信じていないとことは進みませんから。

Q協定書に捺印の記憶はない?

それはありません。当事者がしたわけですから。私自身が東京ガスとの契約書にサインした覚えはありません。捺印をするような契約書だったかどうか記憶にありませんし、担当者の誰かが何らかのサインをしたんでしょうね。その時に私のハンコが使われたということじゃないでしょうか。つまびらかにしませんが。

Q必ずしも自分は豊洲移転賛成ではなかった?

もともとパリで食事した時に、大陸の真ん中にあるパリのど真ん中に大きな市場が合って魚などを運搬して売っているのでなるほどなと。冷凍技術も進んでいるんでしょうし、私はもっと内陸でもいいんじゃないかと、環状線もそのうちできるだろうし、インターの近くに大きな市場を作ったらどうかと発言したことがあります。これは都庁の中で一笑に付されました。

Q.それは記者会見などでも話した?

さあ、内陸にしていいんじゃないかと発言したかは記憶にありませんが、都庁などの会議の席で「内陸でいいんじゃないか」と申しました。しかし、これは既定路線と違うので論外ですと却下されましたが。

私は豊洲移転に疑念があるぞと言うことは記者会見の中で質問に答えて言った覚えがありますし、その用意もあるのでご覧ください。
(VTR)


④けしかけるわけじゃないが、訴訟を起こした方がいい

汚染の対策の最高権威である中津先生も豊洲は今のままでは安全だと言っておられますし、多くの科学者が風評に科学が負けるのは国辱だとおっしゃっています。築地だって課題がある。アスベストだって飛散すると肺気腫になる。周りには幹線道路も走っていて、夏は暑い、冬は寒い。築地の中にも賛否両論はあるようだが、速やかに豊洲に移すべき。不採決の責任を問われて、小池知事こそ生殺しになっている築地の業者たちを含めて住民訴訟の対象になるべきだと思いますね。

Q.石原さんがすべてしゃべると困る人がいる?

色んな方がいるでしょうね。浜渦君の後継者で実際に契約を結んだ人物がいます。転職もせずに東京ガス執行役員になって都庁の中で評判になりました。議会も責任あると思いますよ。

議会も承認したわけですし、公明党自民党も賛成して議会の総意として決まったわけです。この問題の責任は最後に裁可をした私一人と言うよりも行政全体がいろんな部門で責任があると思いますし、それを検証することが本質を明かすすべじゃないかと思います。

Qすべて下に任せていた?

大事な政治案件なので、各部局がありますし、港湾局や環境局もありますし、専門家を含めて委員会を含めて論議して決めたことなので、そこに任せざるを得ないじゃないですか。司司でみんなで知恵を出していて、その総意として上がってきたものを認可したということです。

Q前向きじゃなかったが判断が変わった理由は?

変わったんじゃない、決まったんです。議会の総意として。汚水の問題が出てきて、それは全く市場で使うわけでもないし、モノを洗うわけではないし、どんな地下水があろうと今の建物で操業することに問題はないと専門家は言っているので、膨大なお金が税金から支出されているので、元知事が移転を決めて操業を行なうべきだと思いますよ。

Q作為の責任の最大のものは?

それはやっぱり私は都庁の中の世論、まとめてあがってきたものに承諾して裁可したことです。これは個人の意向ではありませんし、都庁全体の行政の結論として、議会も含めて是としたので認可せざるを得なかったと思います。

Q.知事本局の名前があがったが、今何をしている?知事本局長は決定権はない?

こういう大きな政治マターは各分野各局それぞれが専門家も含めて検討して都庁全体の総意として束ねてくる。それを取り次ぐのが知事本局長だったと思う。その時点で誰だったかは覚えていません。それは調べていただければわかるんじゃないですか?

Q.責任逃れの恥さらしではないか?ハンコを押したのに部下の責任?日本男子を標榜するのに逃げ回る?

あの土地をあのコストで購入したことは私が決めたことではありませんよ。審議会が決めたことですから。私は売買の専門家ではありませんから。恥とも思っていませんね。

Q.小池知事に言いたいこと?

小池知事はランニングコストをかけて、仄聞すると外人の会社に半額を売るなんて論外ですよ。安全と安心を混乱して、専門家の多くが安全だと言っているのにそれを信用せずに無為無策で放置して余計なお金を税金から使うんですか?その責任は彼女にあると思いますよ。

Q.築地で働いている方に言いたいこと?前川氏が出れば真実が明らかになる?

浜渦君の後、交渉に携わった人が物事に精通しているんじゃないでしょうか。築地で宙ぶらりんになっている人は、けしかけるわけじゃないが、訴訟を起こした方がいいですよ。なんで豊洲を使わせないのかと。

Q.都民の税金が使われるのがわかっていて、無駄遣いではなかった?百条委員会の委員が会見を見ているが、どういうことを言いたい?

百条委員会は都議会議員ですから、調査権があります。東京都が拒もうと提出させられる。その作業をしてもらいたいと思いますね。

専門家がそのコストでもなお、豊洲と言うものを都が購入して豊洲に市場を移すべきと複合的に考えて裁可した。私は専門家ではありませんから、そこに口を挟む余地はないし、専門家が科学者も含めて決めたことですから、部下を信用せざるを得ないんじゃないでしょうか。



⑤裁可したことの責任は認めますよ

【全文】「小池知事を告発すべき」石原元知事が会見
ホウドウキョク拡大写真
Q.豊洲移転の問題はどれほど重要と考えていた?優先順位はどうだった?知事の関心は低かった?

優先順位と言うのを何を持って決めるのかは難しい。当時、財政を再建すること、大気汚染の問題もありました。だから何をもって行政の案件としてプライオリティを付けるかは者が多すぎて言えるものじゃなかった。豊洲移転は市場は都民の台所を賄うための機能なので、鈴木さんの頃からも築地の限界を考えてどこかに新しい市場を作ろうとなって、あえて豊洲になったと。専門家が専門性を駆使して決めたモノなので、私自身が関与する余地も能力もないので受け入れたということです。
Q.専門性がないと言うなら何のために知事がいるんですか?

いろんな分野のいろんな仕事があるので、そのために各部があり、議会にも専門がある。司司で職務としての専門性を判断してモノを束ねていく、判断採血していくのが私の責任だと思います。私は専門家ではありませんから知らないモノは知りませんよ。逃げるわけではありません。担当の司司の職員なり担当している委員会の職に判断を仰ぐしかないですし、それを議会も判断したわけですし。

Q.瑕疵担保責任に石原さんのハンコ。「誰かが使った」というのは正しい?自分のミスを認める?

瑕疵担保は交渉の責任者に任せるしかないじゃないですか。浜渦君なり後任者に任せるしかないじゃないですか。その問題についてどう思うかと聞かれたこともないし、瑕疵担保責任の留保と言う言葉もこの問題が怒ってから聞いたし、物事の取引に携わったこともなかった。いまは大事だと思うが。

私が押したんじゃなく、行政で上がってきて、司司の専門性に任せて部下を信頼して了として判を押すと言うのが行政の手続きだと思います。

Q.土地を買ったことで返金訴訟が起きている。石原さん自身に損害を返金、もしくは弁済の責任は?

裁判の問題でしょ。健全な法治国家だと思います。そんなものがまかり通るなら不当提訴します。議会も通った。衆知集めて決めたことで、住民訴訟で責任を問われると言うのはおかしいと思いますよ。いまとにかく豊洲が安全だと保障しているのに野放しにして年ごとに税金を払っているのは不作為として問われていくべきだと思います。

Q.瑕疵担保責任。ハンコを押したのは覚えていないと言っていたが、東京ガスサイドの人がいたことも覚えていない?

覚えていませんね。誰かも立ち会っていないんですか?都の役員は。

Q.責任追及をどう考える?

裁可したことの責任は認めますよ。みんなで決めたことじゃないですか。

Q.土壌汚染対策費は膨らんでいる。どう考える?

それは、わからんですよね。土壌対策費と言うのは最初からかなりのものだったんでしょうけど、土壌汚染がある段階で、あるコストで対処できるということで東京都が東京ガスと契約したんじゃないですか?

Q.瑕疵担保責任の免除を後から振り返ると重要だったと。誰がどうして決めたのか。それを石原さんはどう考えているのか。浜渦さんがそれをやっていたと言うが、今の段階で聞いていない?

聞いていません。どういう判断で瑕疵責任の留保を認めたかわかりません。

Q.なぜ聞かない?

報告を受けていないんですよ。

Q.自分で聞かない?

瑕疵責任を留保されたのは東京都側の質問で知ったんですよ。

Q.きょうの段階で事情について把握しているべき。

瑕疵責任が留保されたのを知ったのは東京都側の質問で初めて知ったので、高所のプロセスの中で論じられているのは聞いていませんでした。

Q.今日の会見にあたってなぜ聞いていない?

それはわかりません。交渉の担当者に聞かないと。それは聞く時間がなかった。

Q.浜渦さんと会ってない?

会っていません。私は交渉の当事者じゃなく、逃げる訳じゃないが、任せていたので、売買の契約やネゴシエーションの現場に立ち会ったこともない。今から聞こうと思ったら聞けますよ。誰に聞けばいい?

豊洲の問題は放置するわけにはいかない。半額で外国に売り飛ばすなんて論外ですよ。科学者が安全と言っていて、だらだらつまらないお金を垂れ流しておくのは当事者の責任。豊洲が東京都やみんなの生活にとって大事か。築地で働いている人も助かりますよ。何の危険がないものをなんで使わないんですか。

Q.納得したと思う?

色んな疑問は残ったんじゃないでしょうか。
Q.真相は都知事をやめても石原さんの責任として、どうなんだと調べて報告する義務があるのではないか?

わかりました。努力します。大事なのは宙ぶらりんになっている豊洲を早く稼働させることだと思いますよ。

みなさん、ありがとうございました。

(続く)
▲▲▲▲▲▲▲▲引用終り▲▲▲▲▲▲▲▲


(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!



山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。⬇︎

月刊日本 2017年 02 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 02 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

⬆︎⬆︎⬆︎
ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。