哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

小池百合子とアリババ。 小池百合子都知事とブレーンの小島敏郎等は、<<豊洲市場移転問題>>で、早くから独断で豊洲移転延期を表明し、地下水の不正調査という犯罪的不正を冒してまでも、新市場移転に反対しているが、その真意は何処にあるのだろうか。 石原慎太郎が記者会見で、小池百合子とその一派は、「中国系大企業「アリババ」に半値で売り飛ばそうとしていると暴露したが、果たしてどうなのか。「週刊ポスト」が、このアリババへの売却問題を特集し、追及している。どうも荒唐無稽な話というわけではなさそうだ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

https://ws.formzu.net/fgen/S49964599
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



小池百合子とアリババ。
小池百合子都知事とブレーンの小島敏郎等は、<<豊洲市場移転問題>>で、早くから独断で豊洲移転延期を表明し、地下水の不正調査という犯罪的不正を冒してまでも、新市場移転に反対しているが、その真意は何処にあるのだろうか。


石原慎太郎が記者会見で、小池百合子とその一派は、中国
系大企業「アリババ」に半値で売り飛ばそうとしていると暴露したが、果たしてどうなのか。「週刊ポスト」が、このアリババへの売却問題を特集し、追及している。どうも荒唐無稽な話というわけではなさそうだ。


f:id:yamazakikotaro:20170314000327p:plain

小池知事が極秘会談
 豊洲を中国アリババに売却のウルトラC
2017.02.27 07:00
極秘会談の相手は?【極秘会談の相手は?】



 築地市場豊洲移転問題が重大局面を迎えている──。豊洲新市場の地下水モニタリング調査で環境基準の79倍のベンゼンなどが検出されたことを受け、今年1月、東京都は再調査に踏み切った。その結果が3月にも発表される見通しだ。

 小池百合子東京都知事は就任以来、「安全確認は譲ることができない」として昨年11月に予定されていた移転を延期させてきた。さらに今回の再調査で判明する汚染の広がり方次第では、巨額の費用をかけて整備した豊洲新市場への移転そのものに暗雲が立ちこめてくる。

 表面上は、誰が、どんな経緯で移転先を豊洲に決めたかが焦点になっている。東京都議会は百条委員会(※注)を設置し、石原慎太郎・元都知事など関係者の証人喚問が行なわれる予定だ。

【※注/地方自治法100条に基づき、地方議会が議決すると設置できる特別委員会。証言や資料提出を拒否した者には禁錮刑を含む罰則が定められている】

 新聞・テレビはそうした責任追及を巡る報道一色になっているが、実は都庁関係者がそれ以上に注目しているのが、小池都知事が設置した都庁の「市場問題プロジェクトチーム(PT)」の議論だ。中央卸売市場を担当した都庁OBが語る。

「2月23日のPT会議で、座長で小池ブレーンの 小島敏郎青山学院大学教授(元環境省地球環境審議官)は『リノベーションを含む築地市場の補修』を議論のテーマに挙げました。わざわざリノベーションという言い方をするのは、築地市場の補修が移転の一時延期に伴う小規模なものではなく、長期利用をにらんだ大規模なものになるというニュアンスが入る。

 小島氏は、石原元知事がかつて豊洲移転の理由として挙げた『古い、狭い、汚い』という築地の“現状分析”にウソはないか、実に細かく都の担当者に根拠の説明を求めた。都知事サイドが築地市場の『現在地での建て替え』を本気で考え始めたのではないかと受け止められている」

 小池氏が市場問題で方針大転換を目論んでいるという見方である。

(続く)




(続く)



👈ブログ・ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

f:id:yamazakikotaro:20170310172405p:plain


山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。⬇︎
月刊日本 2017年 02 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 02 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

⬆︎⬆︎⬆︎
ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。