哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

◼️「アリババ小池」は作家+政治家の石原慎太郎にさんざん喧嘩を売っておいて、自分は「文章」が書けないらしい。石原慎太郎の「文藝春秋」論文に反論するのに週刊誌のお粗末なインタビュー。お粗末な頭だね。昨夜は、市川海老蔵の前で、足を組んでほくそ笑んでたな。馬鹿の極み?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。
https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◼️「アリババ小池」は作家+政治家の石原慎太郎にさんざん喧嘩を売っておいて、自分は「文章」が書けないらしい。


石原慎太郎「文藝春秋」論文に反論するのに週刊誌のお粗末なインタビュー。お粗末な頭だね。昨夜は、市川海老蔵の前で、足を組んでほくそ笑んでたな。馬鹿の極み?


さすがに、ここに来て「アリババ小池」を手放しで絶讃する「インテリ文化人」はいなくなったようだ。「石原慎太郎記者会見」で、真相がバレたからだろう。東浩紀も、三浦瑠麗等に続いて、「アエラ」で、「アリババ小池」を、批判している。


豊洲地下水のモニタリング調査に、検査方法の変更がバレて、豊洲地下水汚染が、以前の検査と比べて、89倍と報じていた話が、小池百合子都知事指令=工作の「大嘘」と明らかになったことから「小池離れ」が進んでいるようだ。


今もテレビは「アリババ小池」一色かと思いきや、テレビ政治漫談番組のお馬鹿コメンテーターたちでさえ、「小池離れ」進んでいるようで、「小池百合子批判」をする人が少なくない。




(続く)



👈ブログ・ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

f:id:yamazakikotaro:20170310172405p:plain


山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」が掲載されています。⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

⬆︎⬆︎⬆︎
ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。