読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

森友問題が問いかけるもの?新しいYoutube動画対談を配信しました。テーマは「森友学園問題と篭池ファミリー」(山崎行太郎と内山卓也の「政治哲学チャンネル」)。(下へ続く。ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。
https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



森友問題が問いかけるもの?新しいYoutube動画対談を配信しました。テーマは「森友学園問題と篭池ファミリー」(山崎行太郎と内山卓也の「政治哲学チャンネル」)。


「森友問題」が明らかにしたのは、籠池ファミリーの「いかがわしさ」ではなく、むしろ籠池ファミリーを追い掛け、悪し様にののしるマスコミや政治家たちの「いかがわしさ」、あるいは思想的な「程度の低さ」であった、というのが、私の考え方である。


籠池氏らは、保守とか保守思想という共通の思想的仲間ということで、安倍晋三首相や昭恵夫人等と、交流ができたようだ。そしてその結果、小学校の建設用地とするべき国有地の払い下げで、何らかの優遇措置がとられただろうことは、ほぼ明らかだが、私は、そこにはあまり関心はない。


私が興味を持つのは、問題発覚後の籠池氏や籠池ファミリーを、安倍首相や自民党サイドが、切り捨てようとしたことだ。しかし、驚くべきことに、籠池氏や籠池ファミリーは、仲間であり、思想的同志であった「保守」や「保守論壇」に反逆し、安倍首相や保守、保守論壇に対して、徹底抗戦の構えを示し始めた。



どちらがホンモノか。私は、籠池氏や籠池ファミリーの面々の方が、ホンモノだと思う。ひさしぶりに、思想的深みを持つ人間を見たという気がする。森友問題を追及する民進党形の政治家たちも、森友問題から逃げようとする自民党の政治家たちも、私には、幼稚に見える。籠池夫妻や籠池ファミリーには遠く及ばないようにみえる。



私は、小沢一郎を擁護し、それと同時に大江健三郎小保方晴子石原慎太郎を擁護してきた。そこに一貫性はないようにみえるかもしれない。無論、私の内部では一貫性はある。私が、重視する基準は、いわゆる存在論である。情勢論でも、政策論でも、また原理論でもない。


私が、小沢一郎大江健三郎石原慎太郎を同時に擁護したからといって、誤解しないでもらいたい。私は、存在論的観点に立ち、その観点から擁護している。








http://linkis.com/t0v7t?d=1
f:id:yamazakikotaro:20170422093345p:plain
http://linkis.com/t0v7t?d=1


(続く)





f:id:yamazakikotaro:20170310172405p:plain


山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」が掲載されています。⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠




この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599
★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。