哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

《沖縄独立論を知らずして、国防を語るなかれ》。沖縄問題を政治ではなく、文化あるいは民族という視点から捉え直すことが必要です。保守論壇で行われている議論では、ここ数年の基地反対運動のことしか取り上げられていません。だからお金をばら撒けば何とかなるといったような、 単純な話になってしまうのです。しかし、基地反対運動の背景には沖縄の文化、民族の問題が横たわっています。そうしたことを踏まえなければ、沖縄の現状を理解することはできません。そのためには、柳田國男や折口信夫をはじめとして、 島尾敏雄や谷

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。
https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




《沖縄独立論を知らずして、国防を語るなかれ》


沖縄問題を政治ではなく、文化あるいは民族という視点から捉え直すことが必要です。保守論壇で行われている議論では、ここ数年の基地反対運動のことしか取り上げられていません。だからお金をばら撒けば何とかなるといったような、


単純な話になってしまうのです。しかし、基地反対運動の背景には沖縄の文化、民族の問題が横たわっています。そうしたことを踏まえなければ、沖縄の現状を理解することはできません。そのためには、柳田國男折口信夫をはじめとして、


島尾敏雄谷川健一大江健三郎など、沖縄に強い関心を抱いていた人たちの著作を読むことが重要です。彼らが琉球文化に関心を持ってたのは、そこに日本文化の原郷のようなものを見出し、郷愁を感じたからでしょう。

もちろん、彼らは、沖縄は日本文化の原郷なので日本のものだと主張しているわけではありません。それは、ドイツ哲学がギリシャ哲学の影響を強く受けているからといって、ギリシャがドイツのものではないのと同様です。


彼らの根底にあったのは、沖縄は日本文化の原郷だからこそ、何よりも大切にしなければならないという思いです。この点については、柄谷行人が『遊動論』(文藝春秋)の中で、柳田國男に触れつつ「柳田國男が1952年以後に言おうとしたのは、


沖縄の人々をこれ以上犠牲にするな、ということであった。では、柳田國男の死後、1972年の『沖縄返還』で、何が実現されたか。本土の米軍基地を沖縄に集中することになっただけである。沖縄人を平等に扱うどころではない。


柳田がそれを知ったら憤慨しただろう」と述べています。

それと同時に、戦後の左翼運動を見直すことも必要です。かつての左翼学生の運動には、アメリカから独立しようというナショナリズムの精神がありました。彼らはそれこそ命懸けで対米自立を目指していました。

実際、樺美智子さんのように、運動の過程で命を落とした人もいます。我々は一般的に当時の学生運動を左翼運動だと考えがちですが、それは間違いです。あれこそ命懸けのナショナリズム運動です。だからこそ三島由紀夫も共感したのです。


あの運動を左翼運動と思い込んでしまっているから、沖縄の基地反対運動の本質をつかむことができないのです。私は、沖縄独立論には同意できませんが、民主主義的なデモについては、大賛成です。



(続く)





f:id:yamazakikotaro:20170310172405p:plain


山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」が掲載されています。⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠




この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599
★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。