哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

「山口二郎」情報の続編。 私が、Twitterで、エセ政治学者=山口二郎を、口先だけの「日和見主義者」と揶揄したら、「激怒」したらしく、「あんたも文筆の徒ならば〜」と、高飛車な反論を寄せてきた。が、その後、私が、「待ってました」とばかりに、さらに山口二郎を揶揄、罵倒したら、次のような、マトモな反論が帰って来た。(下へ続く。以下を読みたい人は、ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。
https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆







ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。




https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10


山崎行太郎の新刊『ネット右翼亡国論』が、いよいよ予約販売開始です。よろしくお願いします。
f:id:yamazakikotaro:20170617145410p:plain


山口二郎」情報の続編。
私が、Twitterで、エセ政治学者=山口二郎を、口先だけの「日和見主義者」と揶揄したら、「激怒」したらしく、「あんたも文筆の徒ならば〜」と、高飛車な反論を寄せてきた。が、その後、私が、「待ってました」とばかりに、さらに山口二郎を揶揄、罵倒したら、次のような、マトモな反論が帰って来た。

⑴「2年前の安保法制反対運動から始まって、安倍政治打倒、改憲阻止のため、昨年の参議院選挙での戦い、その後の野党協力に向けた運動、野党結集のために体を張って闘ってきたつもり。嘘だと思うなら、小沢さんにも評価を聞いてみたら。」(山口二郎)

⑵「小沢さんの最大の失敗は民主党を分裂させたこと。この認識は今も変わらない。小沢さんにもいろいろ反省もあるはず。しかし、安倍政治を止めなければならないという点で、今は小沢さんとも意志を共有し、野党結集のために戦っている。」(山口二郎)

山口二郎は、「民主党政権崩壊」は、小沢一郎に責任があると言いたいらしい。小沢一郎民主党を分裂させたからだ、と。オメデタイ、呑気な政治学者だね。
山口二郎よ、お前らが、マスコミ、官僚、自民党、米国~と組んで、一斉に『小沢一郎バッシング』を繰り返し、小沢一郎を追い落としたからだろう」という私の「山口二郎批判」だったが、それに対する答えがこれだもん。

私が反撃する前に「読者」の某氏が投稿してきたので、「山口二郎批判」を紹介しよう。さて、エセ政治学者=山口二郎は、、どう答えるのか。

山口二郎民主党政権は何をなすべきか』(2010年1月)でも、山口は明らかに小沢一郎をバッシングしている。要約すると「民主党は政治主導を唱えているが、小沢一郎のせいで閣僚以外の与党議員は政府提出法案に賛成票を投じるだけのロボットになった。かつての自民党の人材育成システムから学べ」

もうひとつの「山口二郎批判」。
「山口先生は、小沢一郎がバッシングにさらされると小沢批判に転じましたね。その後は野田佳彦を持ち上げてましたけど、どうなったんでしょう? その時々のネタに便乗しているだけのように見えてしまいます。」(篠原聖子)

私の友人で、長年に「小沢一郎議員支持者」の壷井須美子さんもこう言っている。
「小沢支持者はずっとすべてをつぶさに見てきた。検察マスコミの尻馬の載せられている事にも気付かず証拠も無く小沢一郎を貶めてきた「リレベラル」も民主党内の「裏切り者」も全て記憶している。しかし小沢さん自身が過去のの怨讐にとらわれず日本の再生のために取り組む姿に、習おうと思っているのだ」(壷井須美子)

(続く)


小生の新刊『ネット右翼亡国論』の予約販売開始です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10
f:id:yamazakikotaro:20170617122432p:plain






ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。




(続く)





f:id:yamazakikotaro:20170310172405p:plain


山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」が掲載されています。⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠




この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599
★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。