哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

山口二郎と「小沢一郎バッシング」。山口二郎は、あの時、「小沢バッシング」に加担しなかったのか?あるいは積極的に加担したのか?(下へ続く。続きを読みたい人は、ここをクリック。)


人気ブログランキング


山口二郎と「小沢一郎バッシング」。

山口二郎は、あの時、「小沢バッシング」に加担しなかったのか?あるいは積極的に加担したのか?山口二郎は、明らかに小沢一郎バッシングに積極的に参加し、加担した。私の立場から見れば、山口二郎は、「小沢一郎つぶし」=「民主党政権つぶし」の最大の犯人の一人だ。


しかし、山口二郎はそのことに無自覚である。民主党政権をつぶしたのは小沢一郎であり、小沢一郎が分裂騒動を起こしたから、民主党政権は崩壊したという論理のようだ。おまけに、「小沢一郎さん自身も、今は、それを反省しているはずだ」とさえ言っている。山口二郎には、自分自身に対する反省はないらしい。


こういう鈍感な、且つ厚顔無恥な「トンデモ政治学者」が、意気揚々と「身体を張って」(笑)主導、展開する「野党共闘」に、私は生理的に反発する。小沢一郎は政治家だから、許すかもしれない。しかし、私は、政治家ではないから、許すわけにはいかない。私が許すとすれば、それは小沢一郎の政治行動を支持し、応援する限りにおいてである。


私は、政権交替を直前にして、「小沢一郎攻撃(いわゆる小沢一郎バッシング)」がはじまった頃、そして小沢一郎民主党代表が辞任に至り、その次のよう総選挙で政権交替を果たし、小沢一郎は幹事長ポストを手に入れるがが、「小沢バッシング」は止まず、ついに「鳩山由紀夫首相ー小沢一郎幹事長」が崩壊した頃、何をしていたか?言い換えれば、その頃、山口二郎は、一体、 何をしていただろうか?


(続く)

 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。

f:id:yamazakikotaro:20170310172405p:plain 小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』の予約販売が開始!
⬇︎⬇︎⬇︎
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10



山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」が掲載されています。⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠




この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599
★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。