哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

「左翼のネット右翼化」の政治経済学。 都議会選挙における小池百合子=都民ファーストの一億総白痴化を象徴するような大勝利で終わったが、一体、東京都民だけではなく、日本国民の深層心理のなかで、なにが起きているのだろうか?私見によれば、それは、「左翼のネット右翼化」である。〜〜〜 (下へ続く。続きを読みたい人は、ここをクリック。)


ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。


「左翼のネット右翼化」の政治経済学。
都議会選挙における小池百合子=都民ファースト一億総白痴化を象徴するような大勝利で終わったが、一体、東京都民だけではなく、日本国民の深層心理のなかで、なにが起きているのだろうか?私見によれば、それは、「左翼のネット右翼化」である。


私は、今、ふと思い立って、左翼市民運動の先頭に立って活動していると誇らかに宣言する男の研究(批判)」つまり「山口二郎研究(批判)」を、本blogで行なっているが、テーマは、それである。「左翼のネット右翼化」。


私は、「俺は市民運動の先頭に立って戦っている」「市民運動の最前線から逃げたことはない 」などと、恥ずかしげもなく大言壮語する人間の考える市民運動などに、いっさい興味がない。インテリ文化人が、土日や休みの日などに現場に駆けつけ、壇上に立ち、大衆を指導するかのように、アジ演説を繰り返すようなレベルの市民運動なるものは、インテリ文化人のマスタベーションと同じ意味しか持たない。


私は、山口二郎の『政権交代とは何だったのか』(岩波新書)を、先日、行きつけの某市にあるブックオフで、100円で手に入れたので読んでいる。「馬鹿につけるクスリはないなー」「こういう奴は、革命が成就した暁には、最初に、火あぶりにすべきだなー」と、一人でブツブツつぶやきながら、読んでいる。


山口二郎は、『政権交代とは何だったのか』という本を書きながら、「政権交代」の意味も、失敗=崩壊=終焉の意味も、全然、分かっていないことが分かる。



(続く)

  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
f:id:yamazakikotaro:20170310172405p:plain 小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』の予約販売が開始! ⬇︎⬇︎⬇︎
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠



この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。