山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog……『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎(やまざき.こうたろう)。哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学を経て現職。「西南塾=政治哲学研究会」主宰。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『 江藤淳と小沢一郎』『保守論壇亡国論』『 曽野綾子大批判』『 最高裁の罠』『ネット右翼亡国論』『 エセ保守が日本を滅ぼす』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『適菜収対談集ーエセ保守が日本を滅ぼす』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。

山口二郎と「現象学的還元の政治学」。山口の『政権交代とはなんであったか』を読みながら、山口が、政治音痴、思想音痴であることを痛感した。〜〜(下へ続く。続きを読みたい人は、ここをクリック。)


ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。


山口二郎と「現象学的還元の政治学」。山口の『政権交代とはなんであったか』を読みながら、山口が、政治音痴、思想音痴であることを痛感した。こういう人が、「野党共闘」を目指す市民運動の先頭に立っている限り、「野党共闘の」も「安倍政権打倒」も無理だろうと思った。何故、ダメなのか?


山口二郎には、「政治」や「政治家」というものが、まったく分かっていない。山口の政治分析はほぼ現象論に終始している。政治学とは、物事の本質や背景を無視した実証主義的な現象論に終始するものだろうか?そんなはずはない。しかし、山口の政治学は、「物事の本質や背景を無視した実証主義的な現象論」である。




ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。