哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

山口二郎は、何故、「国策捜査」に無関心なのか? 山口二郎は、『政権交代とは何だったのか』(岩波新書)で、政権交代を実現した民主党政権が、政策の失敗や内部対立だけで崩壊したかのように書いている。そうだろうか? 民主党政権の崩壊は、単に政策の失敗や内部対立だけで、崩壊したのではない。〜〜(下へ続く。続きを読みたい人は、ここをクリック。)


ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。



山口二郎は、何故、「国策捜査」に無関心なのか?
山口二郎は、『政権交代とは何だったのか』(岩波新書)で、政権交代を実現した民主党政権が、政策の失敗や内部対立だけで崩壊したかのように書いている。そうだろうか? 民主党政権の崩壊は、単に政策の失敗や内部対立だけで、崩壊したのではない。

政権交代以前から仕掛けられた「小沢一郎スキャンダル」は、明らかに「政権交代つぶし」を狙った陰謀謀略事件だった。小沢一郎は、当時、民主党党首で、政権交代が実現すれば、首相に就任するはずだった、ますこみや検察権力・・・による激しい「小沢一郎スキャダル」と「小沢一郎バッシング」で、党首交代を余儀なくされた。


この歴史的事実は、常識である。しかし、山口二郎の『政権交代とは何だったのか』では、この事実をまったく無視、黙殺している。何故なのか?政権交代を実現さするのに小沢一郎の「政治力」が必要だっただけで、政権交代の実現がほぼ可能になった時点で、むしろ、小沢一郎の存在が邪魔になったのではないか?


言い換えれば、山口二郎は、「小沢一郎つぶし」を狙う陰謀謀略グループの仲間だったのではないか?

(続く)