文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

夏期レポート。


ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◼️現代文学史=前期レポート(山崎行太郎)

小林秀雄における「マルクスマルクス主義の差異」について、述べよ。


⚫️原稿用紙3枚以上。(1200字以上)
⚫️締め切り〜〜夏期休暇後の最初の講義の日。
⚫️提出先〜〜メールで提出。
山崎行太郎ブログ」(http://yamazakikoutarou.hateblo.jp/)の「メールフォーム」から。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◼️エッセイ研究前期レポート(山崎行太郎)


最新の話題のニュース(スキャンダル、事件)から一つ選び、独自の視点から、「マスコミの事件報道」を徹底的に批判せよ。
(松居一代論、小池百合子論、豊田真由子論、安倍晋三論、前川喜平論、小出恵介論‥‥など)


⚫️原稿用紙3枚以上。(1200字以上)
⚫️締め切り〜〜夏期休暇後の最初の講義の日。
⚫️提出先〜〜以下のメールから提出してください。
山崎行太郎ブログ」(http://yamazakikoutarou.hateblo.jp/)の「メールフォーム」から。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆