哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

朝鮮半島の核武装化に日本はどう立ち向かうべきか?〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

にほんブログ村 政治ブログへ


朝鮮半島核武装化に日本はどう立ち向かうべきか?
これまでに朝鮮半島の非核化を目指して、威嚇を繰り返して来た米国だが、すでにその米国が、北朝鮮武力攻撃は不可能という段階に来たと見ていい。米国は、武力攻撃のチャンスが、何回もあったにもかかわらず、今はもうそのチャンスを完全に失ったと思われる。


さて、それでは、米国依存の日本はどーなのか?私は、日本は、核武装化の道を進むべきか、それとも永遠の非核国家を目指すかの「核の選択」を迫られていると思う。日本の政府やマスコミは、北朝鮮のミサイル攻撃や核攻撃から、いかにして身の安全を確保するかというような議論に終始しているようだが、甘いと思われる。


ネットなどでは、日本核武装論も出はじめたようであるが、当然である。米国の背後で、威嚇と嘲笑と封鎖を繰り返していても、なんの力にもならない。冗談だが、核武装が嫌なら、北朝鮮の植民地になることでも考えるべきだろう。


こういう議論をする時、参考になるのは、私が『ネット右翼亡国論 ー桜井誠廣松渉佐藤優の接点 』(春吉書房)で取り上げた「桜井誠」のような人たちの議論だ。彼等は、ホンネしか語らないからだ 。浅田彰とか東浩紀・・・とかいうようなインテリ文化人たちは、「戦争には反対」「核武装は危険」とか、「攻撃より対話を」とか、あいも変わらず、毒にも薬にもならないような、よそ行きのタテマエ論しか語らない。インテリ文化人たちには「存在論」がないし、存在論の意味がわかっていない。





にほんブログ村 政治ブログへ






(続く)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


小生の近著『ネット右翼亡国論』が販売開始!
佐藤優氏の推薦文あり!

存在論的に徹底的に掘り下げて現象を考える山崎哲学の神髄がここにある。
・・・日本の現在を深く知るための必読書である。 】

⬇︎⬇︎⬇︎

ネット右翼亡国論
ネット(Amazon)でお求めの場合はココをクリックしてください。
⬇︎⬇︎⬇︎
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10


山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。
⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠



この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。