文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

米国は日本に「核武装」を要求している。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

にほんブログ村 政治ブログへ


「9/16岩田温講演会in鹿児島」のお知らせ!

鹿児島市内で、岩田温、稲村公望、各氏らと小生(山崎行太郎)を加えて、講演会を行います。岩田温氏は、33歳の「若手論客」として、「朝までナマテレビ」や「NHK終戦特集」「チャンネル桜」などにも頻繁に出演する、売り出し中の政治学者です。
鹿児島の皆さん、高校生の皆さん、第一線で活躍する先輩たちの声に耳を傾けてみませんか?ちなみに高校生及び学生は無料です。よろしくお願いします。
⬇︎⬇︎⬇︎
f:id:yamazakikotaro:20170829205350j:plain



〜以下本文〜


米国は日本に「核武装」を要求している。
日本側は、この米国発の核武装論議を、無視、黙殺しているようだが、日本側の真意は、何処に有るのか?日本国民に中にある根強い「核アレルギー」に考慮して、「核武装論議」を封殺しているのか?


核武装論議を封殺している中心人物は、誰なのか。日本政府なのか、日本国民なのか、それともマスコミなのか、官僚なのか?


北朝鮮の「核武装国家宣言」を受けて急速に高まりつつある米国発の「日韓核武装論」を受けて、韓国では、さっそく、核武装論議が過熱しつつあるようだ。