哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

「北朝鮮ミサイル発射」をどう受け止めるべきか?〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)


にほんブログ村 政治ブログへ



北朝鮮ミサイル発射」をどう受け止めるべきか?
日本政府もマスコミも、そして日本国民の多くも、「被害者」の視点しか持ち合わせていないように見える。自分たちの身をいかにして守るか?という視点である。もちろん、そういう視点も必要だろう。


しかし、北朝鮮を敵視し、「北朝鮮悪者イメージ」を拡大再生産し、国連決議としての「北朝鮮制裁」に積極的に加担することだけが、政府やマスコミのすることではあるまい。


何故、北朝鮮は、国際社会の反発にもかかわらず、核開発や核武装に熱中するのか?北朝鮮は、核を一度、手に入れた以上、決して手放さない。北朝鮮は、核を手放せば、その瞬間に、自滅、自爆せざるを得ないだろう。北朝鮮は、それをよく知っている。だから、核を手放さない。米国も国際社会も、北朝鮮に手も足も出ない。