哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

小池新党のバカ騒ぎから遠く離れって。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。
https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログへ


小池新党のバカ騒ぎから遠く離れて。
小池新党「希望の党」の公認候補が決まったようだが、友人や知り合いの動向以外は、別に特別の関心も興味もない。ワイドショーも冷やかし半分で見ていたが、不愉快になるので見るのをやめた。安倍自民党も小池新党も、所詮は「ネット右翼」でしかない。


前原誠司が、今回の民進党解党騒動を、「想定内だった」と発言しているらしい。馬鹿馬鹿しい。この後に及んで何を言っても無駄である。ただただ、惨めである。前原誠司が政治的に無能な木偶の坊だったことは明らかである。前原誠司は終わった。ただし「ネット右翼政治家」の跋扈する時代だから、まだ生きる余地はあるかもしれないが、物笑いの対象となり、いわゆる「イロモノ政治家」として生きるしかないだろう。



それに比較して、「立憲民主党」をたちあげたえ枝野幸男を見直す人は、私の周辺にも少なくない。「希望の党」では、枝野の選挙区に刺客候補をぶっつけるようだが、泡沫にしかなるまい。無駄である。枝野幸男人気は、盛り上がるばかりだ。私の住んでいるところの隣の選挙区なので、応援に行きたい気分だ。



f:id:yamazakikotaro:20171004154351j:plain


f:id:yamazakikotaro:20171004153149p:plain

(続く)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』が販売開始! ⬇︎⬇︎⬇︎ ネット右翼亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠



この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。