山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『小説・南洲伝』など。

小沢一郎主導の「野党共闘戦略」が、選挙後には復活する! 小沢一郎は、先日は、京都から立候補している共産党の穀田候補の陣中見舞いに。さらには立憲民主党から立候補している日吉雄太候補の応援にも。 小沢一郎は、共産党を含む「野党共闘」戦略を再度、模索しているようだ。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


小沢一郎主導の「野党共闘戦略」が、選挙後には復活する!
小沢一郎は、先日は、京都から立候補している共産党の穀田候補の陣中見舞いに。さらには立憲民主党から立候補している日吉雄太候補の応援にも。
小沢一郎は、共産党を含む「野党共闘」戦略を再度、模索しているようだ。



f:id:yamazakikotaro:20171013103625p:plain