山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

自民大勝と『ネット右翼亡国論』。今頃、「小池百合子」批判や「希望の党」批判してる人たちが多いが、自分たちの不明を恥じる気は無いのか? 〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村にも参加中。応援のクリックをお願いします。


自民大勝と『ネット右翼亡国論』。
今頃、「小池百合子」批判や「希望の党」批判してる人たちが多いが、自分たちの不明と不勉強を恥じる気は無いのか?都知事選の頃から、分かっていたことではないのか?


小池百合子的な 政治手法は、典型的な「ネット右翼」のソレである。今、必要なことは「小池百合子批判」ではなく「小池百合子論」であるように見える。


一方では、急遽 、新党を立ち上げ、野党第一党にのし上がった枝野幸男や、「立憲民主党」を過剰に持ち上げ、無条件に絶賛する風潮がある。これまた「ネット右翼」的な風潮である。


枝野幸男は、昨夜、報道ステーションに出演し、厳しい顔で、「野党共闘路線」を否定していた。つまり「選挙目当ての数合わせ」を否定していた。それでいいのか。立憲民主党の勝利は、野党共闘路線の成果ではなかったのだろうか?


自民党は大勝したにもかかわらず、小泉進次郎以外は、安倍晋三首相を筆頭に意気消沈しているように見える。国民向けの演技なのか?ポーズなのか?おそらくそうではない。演技でも芝居でもない。「意気消沈」は、ホンネだろう。お馬鹿な「ネット右翼」=小泉進次郎だけが、スカジャン姿で、「オンナ・コドモ」を相手に 、無邪気にはしゃいでいるだけだろう。


私は、今こそ、「小池百合子とはなんだったのか」という、小池百合子批判ではなく、小池百合子論が必要だと思う。私は、小池百合子は、このままでは終わらないと思う。復活すると思う。安倍晋三小泉進次郎等は政治家としては消えていくだろうが、小池百合子は消えないだろう。


都知事選の時もそうだったが、危険な、あるいは謀略的な「政治的決断」をし、都民や国民の心を揺さぶり、日本の政治を大混乱に導いたのは小池百合子という政治家である。小池百合子は、今、闘っている唯一の政治家である。


「闘う君の歌を、闘わない奴等が笑うだろう。」
「冷たい水の中を、震えながら登って行け」(中島みゆき)

小池百合子が動けば日本の政治が動く」というのが、現在の日本の現実である。今回は、結果的には失敗に終わったかもしれないが、「小池劇場」は、まだ終わっていない。


(続く)


f:id:yamazakikotaro:20171024084638p:plain