哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

前原誠司の「大失敗」をどう評価すべきか? 私は、今回の前原誠司を中心とする民進党の解党騒動を、結果はともかくとして、かなり高く評価している。小熊英二のように、「大失敗だった」という結果だけを見て、前原誠司を悪しざまに批判、嘲笑する人を見ると、絶望的な気分になる。現代の日本の学者、文化人は、こんな批評しかできないのか、と。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

にほんブログ村 政治ブログへ


前原誠司の「大失敗」をどう評価すべきか?

私は、今回の前原誠司を中心とする民進党の解党騒動を、結果はともかくとして、かなり高く評価している。小熊英二(慶大教授)のように、「大失敗だった」という結果だけを見て、前原誠司を悪しざまに批判、嘲笑する人を見ると、絶望的な気分になる。現代の日本の学者、文化人と称する連中は、こんな単純素朴な、幼稚稚拙な、低次元の批評しかできないのか、と。私は、政治家より、学者文化人の堕落にこそ、現代日本の「死に至る病」の根拠はあると思う。



前原誠司が「希望の党」との合流を発表し、民進党の議員総会で満場一致の賛成を得た時、「安倍一強打倒」や「政権交代の可能性」に「期待」しなかった人が何人いたか?

小熊英二のように、「支持率調査さえ出ないうちに自滅行為に走った前原誠司だ。彼は民進党支持者が希望支持に移行すると考えたかもしれないが、あんな独断的なやり方で支持者が離反しないはずがない」と考えた人が何人いたか?

小熊の分析は、「後講釈」にすぎない。典型的なエセ学者の結果論的思考である。俺だったら失敗しなかった。もっと上手くやったとでも言いたいのか?

じゃー小熊よ、次はお前がやってみせてくれ。


小熊のような能天気なアフォは、いつの時代にもいる。たとえば大東亜戦争が惨憺たる惨めな敗戦で終わった時、「俺は初めからこの戦争は負けると分かっていた」と言いだした馬鹿が大量に出現した。


それに対して、我が小林秀雄は、「利巧なやつは反省するがいい。おれは馬鹿だから反省なぞしない」といって沈黙した。私は、この時、小林秀雄は屈辱的な敗戦という現実から逃げるのではなく、現実と向き合って、屈辱を噛みしめていたはずだ。

私が、信用し信頼するのは、小林秀雄のような奴だ。

▼▼▼▼▼▼▼▼以下引用▼▼▼▼▼▼▼▼

  軽率だったのは、支持率調査さえ出ないうちに自滅行為に走った前原誠司だ。彼は民進党支持者が希望支持に移行すると考えたかもしれないが、あんな独断的なやり方で支持者が離反しないはずがない。党の公式サポーターすら「前原誠司に詐欺られた」と非難した〈5〉。
 あるいは前原は、民進党内のリベラル派を切り、保守二大政党を実現する好機と考えたかもしれない。だがリベラル層を切りながら自公に勝つには図2の達成が必要だ。実際には、非自民・非リベラルの票を狙った維新や「みんな」、そして希望は、約10%の保守系無党派票を奪いあうニッチ政党にしかなっていない。

▲▲▲▲▲▲▲▲引用終り▲▲▲▲▲▲▲▲