哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

大道寺将司の思い出。 三菱重工爆破事件のテロリスト=大道寺将司の追悼会の情報がネットに流れて来た。大道寺将司、懐かしい名前です。私は、政治思想的には、保守反動を名乗りながら、昔から、左翼過激派の革命家たちが好きだった。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

にほんブログ村 政治ブログへ

大道寺将司の思い出。

三菱重工爆破事件のテロリスト=大道寺将司の追悼会の情報がネットに流れて来た。大道寺将司、懐かしい名前です。私は、政治思想的には、保守反動を名乗りながら、昔から、左翼過激派の革命家たちが好きだった。

ネット右翼亡国論』にも収録したが、赤軍派の指導者で議長だった塩見孝也さんと対談したのも、その延長だった。私は、左翼過激派でも、穏健、且つ人道主義的な左翼陣営から排除されるかもしれないような左翼過激派の反社会的活動家たちに注目していた。

私は、森恒夫について、「小説三島由紀夫事件」の続編として、実録小説を書こうと計画したこともある。大道寺将司も忘れられない名前だ。三田誠広も、大道寺将司と大道寺あやこをモデルに小説を書いているはずである。大道寺あやこが、「絶世の美女」(?)だったことも忘れられない。

大道寺あやこも逮捕されたが、クアラルンプール事件で人質交換、超法規的手続きで釈放され、重信房子らとともに世界革命運動に参加。その後は?すでに70歳近くなっているはずだが・・・。






(続く)

にほんブログ村 政治ブログへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』が販売開始! ⬇︎⬇︎⬇︎ ネット右翼亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

にほんブログ村 政治ブログへ


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。