三橋貴明逮捕事件とは何だったのか? 三橋貴明は、夫婦喧嘩の挙句、妻が警察に電話、その結果、三回目ということで強引に逮捕されたらしい。私はたまたま、テレビニュースで見たが、何か奇妙な印象をもった。23日後には、釈放された。単純な逮捕事件に過ぎないのか。私は、そうは思わなかった〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)や原稿依頼、取材などは、以下の「携帯電話」か「メール」でお願いします。 👉 090-6007-0726。👉yama31517@gmail.com
にほんブログ村 政治ブログへ

三橋貴明逮捕事件とは何だったのか?

三橋貴明は、夫婦喧嘩の挙句、10代の妻が警察に電話、その結果、警察への電話が三回目ということで、警察が強引に逮捕しらしい。私はたまたま、テレビニュースで見たが、何か奇妙な印象をもった。裁判所が拘留を認めず、2、3日後には、釈放された。これも奇妙。単純な逮捕/釈放事件に過ぎないのか。私は、そうは思わなかった。しかし警察発表を素朴に信じ、鵜呑みにして、三橋貴明逮捕を、暴行事件として当然のことという人がいたのには驚いた。送検、有罪は確実だろうという前提でこの事件を受け止めている様子だった。一方、森友学園事件で逮捕された籠池夫妻は、未だに逮捕拘留されたままである。 この長期拘留は明らかにおかしい。当然といえば当然だが、警察や検察が、公平中立だというのは幻想である。警察も検察も、権力や政府の意向を忖度しつつ、政治的に動いている。権力や政府が不安定な時には、それが露骨に顕現してくる。「民主党政権」が実現する前夜がそうだった。「小沢一郎事件」である。
(続く)


======以下引用======

妻に対する傷害の疑いで逮捕された、経済評論家の三橋貴明さん(48)について、裁判所は、勾留を認めない判断を下し、三橋さんは釈放された。
10代の妻と口論の末に、かみつくなどしてけがをさせた疑いで逮捕された、経済評論家の三橋貴明こと中村貴司さんについて、検察は勾留を求めたが、裁判所は勾留を認めない判断を下した。
これを受け、三橋さんは8日夕方、釈放された。
警視庁は今後、在宅でくわしい経緯を調べる方針。

======引用終り======



(続く)

にほんブログ村 政治ブログへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』が販売開始! ⬇︎⬇︎⬇︎ ネット右翼亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

にほんブログ村 政治ブログへ


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。