西部邁さんが「入水自殺」したという情報が飛び交っている。西部邁さんとは、私も、因縁あさからぬ関係だった。『保守論壇亡国論』などで、私は「西部邁批判」を繰り返したので、「文壇バー」で会ったのだが、その時は、険悪というわけではなかったが、「君は、ぼくの悪ぐちを書いているそうじゃないか?」と、微妙な空気だった。もともとは、僕が政治評論をやるようになったのは、実は、西部邁さんの推薦だった。色々あったが、御冥福をお祈りします。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)や原稿依頼、取材などは、以下の「携帯電話」か「メール」でお願いします。 👉 090-6007-0726。👉yama31517@gmail.com

にほんブログ村 政治ブログへ

西部邁さんが「入水自殺」したという情報が飛び交っている。西部邁さんとは、私も、因縁あさからぬ関係だった。『保守論壇亡国論』などで、私は「西部邁批判」を繰り返したので、「文壇バー」で会ったのだが、その時は、険悪というわけではなかったが、「君は、ぼくの悪ぐちを書いているそうじゃないか?」と、微妙な空気だった。もともとは、僕が政治評論をやるようになったのは、実は、西部邁さんの推薦だった。色々あったが、御冥福をお祈りします。

評論家・西部邁さん死去、多摩川で自殺か 78歳…遺書のような文書も
1/21(日) 16:36配信
1500
産経新聞
評論家・西部邁さん死去、多摩川で自殺か 78歳…遺書のような文書も
西部邁氏(桐原正道撮影)(写真:産経新聞
 21日午前6時40分ごろ、東京都大田区多摩川河川敷で、「男性が川に飛び込んだようだ」と110番通報があった。駆けつけた警視庁田園調布署が男性を救助し、病院に搬送したものの、まもなく死亡が確認された。死亡したのは評論家の西部邁(すすむ)さん(78)で目撃情報などから自殺とみられ、同署で当時調べている。

 同署によると、西部さんに着衣の乱れや目立った外傷などはなく、付近では遺書のような文書も見つかった。

 西部さんが21日未明から行方不明になっており、同居していた家族が探していたところ、多摩川に流されている西部さんを発見したという。

 現場は東急東横線多摩川駅から西に約600メートルの野球のグラウンドやサッカー場などがある河川敷近く。

(続く)

にほんブログ村 政治ブログへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』が販売開始! ⬇︎⬇︎⬇︎ ネット右翼亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

にほんブログ村 政治ブログへ


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。