何故、山中伸弥批判は起きないのか。 「小保方博士バッシング」の時は研究不正を疑われた小保方晴子の上司だった笹井芳樹が「小保方晴子との男女交際」(?)まで暴露されたうえに、自殺(殺人?)にまで追い込まれるほどに、激しくバッシングされたが、今回、山中伸弥批判は、どこからも起きない。なぜ?医薬業界の献金とは関係ないのか。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)や原稿依頼、取材などは、以下の「携帯電話」か「メール」でお願いします。 👉 090-6007-0726。👉yama31517@gmail.com

何故、山中伸弥批判は起きないのか。

「小保方博士バッシング」の時は研究不正を疑われた小保方晴子の上司だった笹井芳樹が「小保方晴子との男女交際」(?)まで暴露されたうえに、自殺(殺人?)にまで追い込まれるほどに、激しくバッシングされたが、今回、山中伸弥批判は、どこからも起きない。なぜ?

医薬業界からの莫大な献金(研究室助成金)が、東大、京大の医薬系学部に注ぎ込まれているらしい。今年の元旦の「朝まで生テレビ」で、某氏が国からの研究費より10倍ぐらいの多額の献金が医薬業界からなされていると暴露していた。果たして、どーなのか?医薬業界が、医薬研究の動向を左右しているのではないか? 医薬業界に都合の悪いことは、医薬研究から排除され、マスコミが総動員された挙句、はげしく批判され、バッシングされるのではないのか?「小保方博士バッシング」にしろ、「子宮頸癌ワクチン薬害事件」にしろ、その背景と謎を解く鍵は、医薬業界と医薬研究者たちの「癒着」にあるのではないのか?

山中伸弥教授(京大iPS細胞研究所)等は、どれだけの献金(研究助成金)を受けているのか。


「小保方博士バッシング」事件では、八面六臂の大活躍をした「科学研究不正問題」研究者たちは、今回の山中伸弥教授傘下の「iPS細胞研究論文不正事件」では、何故、沈黙しているのか?古田彩 、 須田桃子 、大隅典子?特に「小保方博士バッシング報道事件」で大宅賞を受賞した毎日新聞の須田桃子記者は? 彼等も医薬業界の手先なのか?

新しい報道によると、山中伸弥(京大iPS細胞研究所)が、iPS細胞研の助教の「研究論文不正」事件発覚で、給与ゼロ、その分をiPS細胞研究所に全額寄付?なるほど、マスコミ対策だけは万全だな。

山中伸弥(京大iPS細胞研究所)陣営からの「小保方博士バッシング報道事件」での笹井芳樹バッシングは凄かったが-。

私の個人的感想だが、昨年末から続いている「大相撲バッシング報道事件」は、「STAP細胞バッシング報道事件」と、同じ構造の報道事件のように見える。
単なるスキャンダル事件報道ではない。背後に暗躍する、何か大きな勢力グループの存在を感じる。両事件の主役、山中伸弥貴乃花の共通性は何か?
(続く)




============= =======
拙著『ネット右翼亡国論 ー桜井誠廣松渉佐藤優の接点 』(春吉書房)発売中!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4802130627/ref=s9u_simh_gw_i1?ie=UTF8&pd_rd_i=4802130627&pd_rd_r=XMH8EAR43A4X2MG0MZF1&pd_rd_w=Oh2B5&pd_rd_wg=FkuIT&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=&pf_rd_r=F4B8ZKXB5WD3EV658PBK&pf_rd_t=36701&pf_rd_p=d4802771-73ad-49b1-a154-90aaec384d3e&pf_rd_i=desktop
============= =======


(続く)

にほんブログ村 政治ブログへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』が販売開始! ⬇︎⬇︎⬇︎ ネット右翼亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

にほんブログ村 政治ブログへ


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。