山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

産経に報道機関を名乗る資格はあるか?産経新聞は、安倍政権の御用新聞(ネットウヨ新聞)である?「月刊日本」次号掲載の対談(哲学者=適菜収)で、「産経新聞こそ偏向報道を行なっている」と産経新聞批判を展開しています。産経新聞の記事を書いているのは「ネットウヨ(ネット右翼」?朝日新聞は、産経新聞に比べれば、まだマシだ! 「月刊日本」を読みましょう! 〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)や原稿依頼、取材などは、以下の「携帯電話」か「メール」でお願いします。 👉 090-6007-0726。👉yama31517@gmail.com
にほんブログ村 政治ブログへ

産経新聞は、安倍政権の御用新聞(ネットウヨ新聞)である?「月刊日本」次号掲載の対談(哲学者=適菜収)で、「産経新聞こそ偏向報道を行なっている」と産経新聞批判を展開しています。産経新聞の記事を書いているのは「ネットウヨ(ネット右翼」?朝日新聞は、産経新聞に比べれば、まだマシだ!「月刊日本」を読みましょう!

月刊日本」3月号

■産経に報道機関を名乗る資格はあるか
山崎 今回の対談はマスコミの問題から始めたいと思います。昨年の12月に産経新聞が沖縄の米海兵隊曹長が人身事故にあったことを取り上げ、この曹長は日本人を救出しようとして事故にあったにもかかわらず、沖縄二紙がこのことを報じていないと非難し、「これからも無視を続けるようなら、メディア、報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だ」と断じました。
 ところが、沖縄二紙が米軍と沖縄県警に確認したところ、両者ともそのような事実は確認できていないと答えたそうです。つまり、産経新聞はろくに取材もせずに捏造記事を書いた可能性が高いということです。
安倍政権の主要政策は、新聞やテレビを対象にしたメディア・コントロールです。 まさに産経新聞がその典型です。安倍政権の御用新聞になっていますね。



適菜 産経新聞的に言えば、「大ブーメラン」ですね。産経新聞朝日新聞慰安婦報道などをめぐって、朝日新聞は捏造体質だと散々批判してきました。しかし、いまや産経自身が捏造体質になってしまっているということです。
 今回の件に限らず、産経の沖縄に関する報道は非常に冷たいというか、沖縄を馬鹿にしているように感じます。沖縄は同胞で、同じ日本国民です。それなのに、なぜ彼らは沖縄を非難するような記事ばかり書くのか。
 その背景について考えてみたんですが、おそらく産経はネトウヨネット右翼)をターゲットにしているんですよ。いまの日本社会にはネトウヨが溢れていますよね。たとえば、普天間基地の近くの小学校に米軍のヘリの窓が落下する事件が起こったとき、ネトウヨのような連中が学校側に「どうせやらせだろ」とか「基地の近くに小学校があるのが悪い」といった苦情を入れました。下手をすれば死人が出ていた可能性もあるのに、米軍ではなく学校側に苦情を入れているんです。
 ネトウヨは右翼と言われているけども、右翼でもなんでもありません。ただ単に自分の日々の鬱憤やルサンチマンを弱者にぶつけているだけです。産経はそういう人間に向けて記事を書いているんですよ。


山崎 最近ではネトウヨをターゲットにした本が一定数売れているから、彼ら向きの記事を書けば新聞も売れるかもしれないと考えているんでしょうね。完全に商売です。

(以下略)

(続く)


にほんブログ村 政治ブログへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』が販売開始! ⬇︎⬇︎⬇︎ ネット右翼亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠



にほんブログ村 政治ブログへ


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。