山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

三浦瑠麗の「朝鮮人テロ発言」(大阪には朝鮮人テロリストが潜んでいる?)が炎上しているらしい。要するに、民族差別やヘイトスピーチだからケシカランということらしい。私は、『ネット右翼亡国論』でも書いているが、民族差別やヘイトスピーチそのものが悪いというのはイデオロギーである。存在論的には「民族差別やヘイトスピーチもあり!」だろう。道徳論や社会正義論だけでは複雑怪奇な国際問題も国際紛争も解けない!〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)や原稿依頼、取材などは、以下の「携帯電話」か「メール」でお願いします。 👉 090-6007-0726。👉yama31517@gmail.com
にほんブログ村 政治ブログへ
⬆︎「ブログ村=ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。


国際政治学者=三浦瑠麗の「朝鮮人テロ発言」(大阪には朝鮮人テロリストが潜んでいる?)が炎上しているらしい。要するに、民族差別やヘイトスピーチだからケシカランということらしい。私は、『ネット右翼亡国論』でも書いているが、民族差別やヘイトスピーチそのものが悪いというのはイデオロギーである。存在論的には「民族差別やヘイトスピーチもあり!」だろう。道徳論や社会正義論だけでは複雑怪奇な国際問題も国際紛争も解けない!民族差別やヘイトスピーチが良くない、駄目だ、と言うのはタテマエ論である。誰にでもわかる、小児病的な正論である。国際政治や国際紛争が、そういうタテマエ論としての薄っぺらなイデオロギーで解明できるとも、解決出来るとも、思えない。現実に多数の在日コリアンが、日本国内にいて、彼等が全て、穏健な市民とも思えない。敢えて彼等を敵視する必要もないが、しかし、安心していいともおもえない。警戒は必要だろう。山口二郎は、今回もこの三浦の件で、三浦瑠麗は政治学者失格のようなことを言っているが、山口二郎こそ政治学者失格だろう。

======以下引用======
(リテラより)

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が、2月11日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で「北朝鮮のテロリスト分子が日韓に潜んでおり、とりわけ大阪が危険だ」との差別助長発言を口にして大炎上している。

 三浦氏はこの炎上について、12日、自分のブログと『ハフィントンポスト』の取材に応じ反論したが、これがなんの反論にもなっていないひどいシロモノ。正直、もう少しマシな言い訳をするだろうと思って原稿を出すのを待っていたのだが、反論を読んで、三浦氏が公安警察の実態も北朝鮮工作員の現状もまったく知らず、公安プロパガンダの資料や書籍すら読んだことのないまま、ネトウヨ並みの妄想を垂れ流していただけであることがよくわかった。


 三浦氏の反論のいったい何がひどいのか、その問題点を指摘する前に、まず三浦氏のそもそもの発言を正確に引用しておこう。三浦が『ワイドナショー』で、米朝戦争が起きたときのリスクとして語ったのはこんな発言だった。

「実際に戦争がはじまったら、テロリストが、仮に金正恩さんが殺されても、スリーパー・セルと言われて、もう指導者が死んだってわかったら、もう一切外部との連絡を絶って都市で動きはじめる、スリーパー・セルっていうのが活動をはじめるって言われてるんです」

 ここで司会の東野幸治が「普段潜っている暗殺部隊?」と訊くと、三浦氏は「テロリスト分子がいるわけです」と断言。テロップではスリーパー・セルの解説として「一般市民を装って潜伏している工作員やテロリスト」と流し、三浦氏はこうつづけた。

「それがソウルでも東京でも、もちろん大阪でも。いま結構大阪ヤバイって言われていて」
「いざというときに最後のバックアッププランですよ。そうしたら首都攻撃するよりかは、正直、他の大都市が狙われる可能性もあるので、東京じゃないからと安心はできない、っていうのがあるので」(以下略)
======引用終り======

============= =======
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メルマガ『週刊・山崎行太郎』(500/月)でお読みください。登録はコチラから⬇︎ http://www.mag2.com/m/0001151310.html
============= =======





(続く)


にほんブログ村 政治ブログへ
⬆︎「ブログ村=ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』が販売開始! ⬇︎⬇︎⬇︎ ネット右翼亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠


にほんブログ村 政治ブログへ
⬆︎「ブログ村=ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。

この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。