山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

先日、武蔵浦和駅前の書店で、立ち読みをしていると面白い本を見つけた。小谷野敦の『司馬遼太郎で読む幕末・維新』。司馬絶讃本かと思ったが、よく読むと違った。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。
https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

先日、武蔵浦和駅前の書店で、立ち読みをしていると面白い本を見つけた。小谷野敦の『司馬遼太郎で読む幕末・維新』。司馬絶讃本かと思ったが、よく読むと違った。例によって司馬の人物評価は極端だ。小谷野は、それを批判。たとえば井伊直弼について。井伊直弼は、「安政の大獄」の中心人物だったとして知られ、「桜田門外ノ変」で暗殺された幕末と維新劇における「悪役」と言っていい。つまり反幕府=維新政府側から見れば、悪役とそのものである。しかし江戸幕府側から見るとどうだろうか?しかも、井伊直弼は頑なな攘夷派ではなく大老として「開国」も実行している。かなり複雑な人物だった。司馬は、この井伊直弼を徹底的に批判し、罵倒している。それは、明治維新、近代化を素朴に肯定、擁護しているということだろう。小谷野は、そもそも「司馬に学識があったのか?」と司馬の人物評価に疑問符をつけている。司馬の人物評価の基準は何処にあるのか。単純過ぎないか。意外にも司馬の歴史観は単純素朴、幼稚な善悪史観でしかないのではないか。私は、小林秀雄江藤淳が理解できない小谷野敦は思想的には馬鹿だとおもっていた。しかし、小谷野敦の「司馬遼太郎批判」や「司馬史観批判」には、全面的に賛同というわけではないが、耳を傾けるべきところが少なくないと思う。


( 続く)

にほんブログ村 政治ブログへ
⬆︎「ブログ村=ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が
分かる!!!メールマガジン『週刊・山崎行太郎
(月500円)でお読みください。登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ネット右翼亡国論』発売中!
⬇︎⬇︎⬇︎
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10


存在論的に徹底的に掘り下げて、
現象を考える山崎哲学の神髄がこ
こにある。』(佐藤優氏推薦文)

ネット右翼亡国論

https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

にほんブログ村 政治ブログへ
⬆︎「ブログ村=ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。

この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ
⬆︎「ブログ村=ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。



◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
小生(山崎行太郎)も飲んでいる薩摩半島吹上浜の「芋焼酎」=「西海の薫」(原口酒造)です。鹿児島の「シラス台地」で栽培された薩摩芋の濃厚な薫りがします。購入はこちらから。
⬇︎⬇︎⬇︎
https://store.shopping.yahoo.co.jp/satumagura/seikainokaorikuro1800c.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsrg_img

f:id:yamazakikotaro:20180307162958p:plain
https://store.shopping.yahoo.co.jp/satumagura/seikainokaorikuro1800c.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsrg_img