山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog……『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎(やまざき.こうたろう)。哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学を経て現職。「西南塾=政治哲学研究会」主宰。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『 江藤淳と小沢一郎』『保守論壇亡国論』『 曽野綾子大批判』『 最高裁の罠』『ネット右翼亡国論』『 エセ保守が日本を滅ぼす』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『適菜収対談集ーエセ保守が日本を滅ぼす』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。

私は、セクハラ問題に関心も興味もない。しかし、福田淳一という財務省事務次官の言動には違和感を覚える。福田は、セクハラの事実はない、記憶にもない。と自信満々に言っていた。新潮が、テープ録音を公開しても、シラをきっていた。新潮とは裁判でたたかうと。私も録画の相手は水商売の女か?と思っていたら?

私は、セクハラ問題に関心も興味もない。しかし、福田淳一という財務省事務次官の言動には違和感を覚える。福田は、セクハラの事実はない、記憶にもない。と自信満々に言っていた。新潮が、テープ録音を公開しても、シラをきっていた。新潮とは裁判でたたかうと。私も録画の相手は水商売の女か?水商売の女を相手に「言葉遊び」でもしたのだろうと思っていた。水商売の女を相手にだったとしても、普通、「オッパィ揉ませろ」とか言うか?しかし相手の女は、なんとテレ朝の女性記者だった。福田淳一には、最初から、いつ、何処で、誰が相手か、自覚があったはずだ。私が言いたいのは、福田淳一財務省事務次官の「大嘘」だ。私は、この問題は「官僚制」の問題であり、「財務省( 旧大蔵省)」という「官僚の中の官僚」「最強官庁」の問題であると言いたい。明治維新後、西欧に追いつくために大久保利通等が強力な官僚機構を作り近代化に成功した。もう官僚制度の役割は終わっている。今や官僚は単なる立身出世の道具。もう官僚制度も財務省も必要ない。今や官僚は、堂々と国民を抑圧し、居丈高に大嘘をつく存在でしかない。出世欲、名誉欲、金銭欲、そして色欲。高級官僚の実体よく分かった。福田淳一は、『 税と福祉の一体改革? 』とやらで、政治家にゴマをすり、次官のポストを獲得した出世欲の権化らしい。最も唾棄すべき人物である。今は財務省を解体し、財務官僚の任用は「くじ引き」にしろ、と言いたい。( 続く)








く)





ーーーーー以下引用ーーーーー

テレ朝社長、会話の録音は「公益目的」 セクハラ問題

4/24(火) 20:31 Yahoo!ニュース 33

 財務省福田淳一事務次官からテレビ朝日の女性社員がセクハラを受けたと訴えている問題で、同社の角南(すなみ)源五社長は24日の定例会見で、社員が次官との会話の録音を外部に提供したことは「公益目的からセクハラ被害を訴えたもので、理解できる」と述べた。

【写真】記者の質問に答えるテレビ朝日の角南源五社長=2018年4月24日、東京都港区、池永牧子撮影

 同社はこれまで「取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為で遺憾」としていた。角南社長はこの日、録音は「身を守るためのものであって、不適切だったとは考えていません」と発言。録音には、取材内容と次官によるセクハラ発言が混在したため、結果的に取材内容が外部に渡ったとし、これについては引き続き「遺憾」とした。

 会見では、セクハラがあったとされる4月4日に次官と社員が会った経緯が明らかにされた。社員は1年半ほど前、福田氏と取材目的で複数回会ったが、そのたびにセクハラ行為があったため、上司と相談し、2人で夜に会うのを1年ほど避けていた。だが、この日は森友学園問題の報道で他局に先行され、裏付け取材を命じられた直後に、福田氏から連絡があった。そのため、別の上司に福田氏と会うことを伝えた上で取材に行ったという。

 この際に社員は福田氏のセクハラ発言を録音し、「この事実を報道すべきだ」と訴えたが、以前セクハラについて相談した上司は二次被害の恐れを理由に「難しい」と答えた。会見で篠塚浩取締役報道局長は「上司は『今のメディア状況の中で、自分の経験からしても現実的に放送は難しい』と社員に説明したそうです」と述べた。

 すると、「メディア状況」とは何なのか、報道陣から質問が集中した。篠塚局長は、森友・加計学園問題が大きく報道される中、「このタイミングで出す(放送する)ことは、なんらかの我々の意図があると思われかねない。そういう意味合いがあったと見ている」と語った。

 上司が社員の訴えをもみ消したかのような一部報道があるとして篠塚局長は「事実ではございません」と否定。「情報共有がスムーズにできなかった体制となっている一番の責任は、組織の長である私にあり、すみやかに改善を図りたい」とした。

 福田氏の辞任について角南社長は「ハラスメントの事実を認めず、辞意を表明したことは残念」とコメント。政治家から女性社員を非難する声が上がっていることについては「こちらから申し上げることはない」と述べるにとどめた。

 23日発売の週刊現代が、テレ朝がセクハラを公表した19日未明の会見について「官邸と打ち合わせ後に会見」などと報じたことは、「全くの事実無根」(篠塚局長)と説明。23日付で週刊現代に抗議したことを明らかにした。(湊彬子、真野啓太)
    ◇
林香里・東大院教授(ジャーナリズム研究)の話 「2人で会ったのが悪い」「記者を男に代えればいい」などの声が上がり、セクハラが別の問題にすり替えられている。男性の取材相手に避けられるなどして、女性記者が働きにくくなることを危惧している。メディアは萎縮せず、報道の現場におけるセクハラについて一致団結して議論を深めるべきだ。
最終更新:4/24(火) 23:07
朝日新聞デジタル
(c) 朝日新聞社

ーーーーー引用終了ーーーーー




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、携帯電話かメールフォームからお願いします。

https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログへ
⬆︎

「ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。「読者になる」と、新しい記事がアップされる度に連絡が届きます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ネット右翼亡国論』発売中!
⬇︎⬇︎⬇︎

https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

(佐藤優氏推薦文より)
⬇︎⬇︎⬇︎
『~存在論的に徹底的に掘り下げて、現象を
考える山崎哲学の神髄がここにある。~』

ネット右翼亡国論

https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号には、適菜収氏との対談「安倍政権は『バカ発見器』である」が掲載されています。

⬇︎ ⬇︎⬇︎ 月刊日本3月号

山崎行太郎の著書。
⬇︎

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

にほんブログ村 政治ブログへ

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
小生(山崎行太郎)も、毎晩、呑んでいる薩摩半島吹上浜の「芋焼酎」=「西海の薫」(原口酒造)です。鹿児島の「シラス台地」で栽培された薩摩芋の濃厚な薫りがします。購入はこちらから。
⬇︎⬇︎⬇︎

https://www.kinoshimaya.co.jp/products/detail285.html

https://store.shopping.yahoo.co.jp/satumagura/seikainokaorikuro1800c.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsrg_img


f:id:yamazakikotaro:20180307162958p:plain
https://store.shopping.yahoo.co.jp/satumagura/seikainokaorikuro1800c.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsrg_img
◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️