山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『小説・南洲伝』など。

メールマガジン「週刊=山崎行太郎 」最新号を送信しました。今回のテーマは「プラトンとデカルトとマルクスの接点(1)」。小林秀雄のマルクス論は、プラトン論やデカルト論にもつながっている。ともに存在論的読み方である。ここに小林秀雄から柄谷行人へと続く日本独自のマルクス論は出来上がった。

メールマガジン「週刊=山崎行太郎」最新号を送信しました。今回のテーマは「プラトンデカルトマルクスの接点(1)」。小林秀雄マルクス論は、プラトン論やデカルト論にもつながっている。ともに存在論的読み方である。ここに小林秀雄から柄谷行人へと続く日本独自のマルクス論は出来上がった。



ーg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
メールマガ
「週刊=山崎行太郎」最新号を配信しました。メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)の登録はコチラから→http://t.co/FvGqdLHCiv
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆