山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog……『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎(やまざき.こうたろう)。哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学を経て現職。「西南塾=政治哲学研究会」主宰。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『 江藤淳と小沢一郎』『保守論壇亡国論』『 曽野綾子大批判』『 最高裁の罠』『ネット右翼亡国論』『 エセ保守が日本を滅ぼす』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『適菜収対談集ーエセ保守が日本を滅ぼす』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。

テレビが演出するメディアの全員一致のファシズム的総動員体制!あるいはスケープゴートの政治哲学。

テレビが演出するメディアのファシズム的総動員体制! あるいはスケープゴートの政治哲学。

私は、日大アメフト部の危険タックル問題は、テレビが演出することによって、大きく拡大し、国民的なファシズム的バッシング現象を生み出し、一般市民までが熱狂的にこのバッシング現象に参加していることに、若干の危惧を持っている。こういう時、メディア研究家たちが 、誰一人として、この異様なファシズム的熱狂に異論を唱えずに、沈黙していることに私は疑問を持つ。危険タックルの問題は確かに重要な問題であろう。しかし、テレビを中心とするマスコミ報道の過熱と熱狂に警鐘を鳴らす人が絶無だということは、既に、日本は、来るべき戦争にむけて、ファシズム的総動員体制下にあると言っていいのではないか。そもそも、関学側の記者会見と問題の悪質タックルビデオの公開からして、テレビ報道を意識したものだったと言っていい。今、魔女狩りの魔女の役割を押し付けられている日大アメフト部監督や日大本部が、テレビ局の意向を無視して、記者会見などを行う気配がないことを、私は高く評価する。関学側の監督や被害者の父親等は、問題を 、警察や検察、裁判に持ち込むことをチラつかせて、日大アメフト部監督らを、テレビの公開処刑の場に引き出そうとしているように見受けられるが、そうしたいなら、さっさと刑事告訴し、裁判に持ち込むが良い。大山鳴動して鼠一匹。お笑いにもならないだろう。私の独断と偏見によれば、テレビのファシズム的なバッシング報道を悪用しようとしている関学側の責任は軽くない。関西学院大学を「かんさい学院大学」と発音したことを、大問題であるかのようにテレビは報道していたが、私から見れば、くだらない、どーでもいい問題だろう。関学の学生や関係者が 「かんさい学院大学」と言ったら問題だろうが…。たとえば、私の苗字は、出身地の鹿児島では、山崎( ヤマサキ)と読む。しかし、九州を離れ、東京では「ヤマザキ」が一般的である。私は、戸籍は「ヤマサキ」だが、パスポートや運転免許証など、日常生活では「ヤマザキ」を使っている。名称や読み方に、こだわりた人はこだわればいい。問題は別にあるだろう。( 続く)


f:id:yamazakikotaro:20180524193405j:plain


(続く)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、携帯電話かメールフォームからお願いします。

https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログへ
⬆︎

「ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。「読者になる」と、新しい記事がアップされる度に連絡が届きます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ネット右翼亡国論』発売中!
⬇︎⬇︎⬇︎

https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

(佐藤優氏推薦文より)
⬇︎⬇︎⬇︎
『~存在論的に徹底的に掘り下げて、現象を
考える山崎哲学の神髄がここにある。~』

ネット右翼亡国論

https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号には、適菜収氏との対談「安倍政権は『バカ発見器』である」が掲載されています。

⬇︎ ⬇︎⬇︎ 月刊日本3月号

山崎行太郎の著書。
⬇︎

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

小生(山崎行太郎)も、毎晩、呑んでいる薩摩半島・吹上浜の「芋焼酎」=「西海の薫」(原口酒造)です。鹿児島の「シラス台地」で栽培された薩摩芋の濃厚な薫りがします。購入はこちらから。

⬇︎⬇︎⬇︎

●https://www.kinoshimaya.co.jp/products/detail285.html

●[https://store.shopping.yahoo.co.jp/satumagura/seikainokaorikuro1800c.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsrg_img]


●[https://store.shopping.yahoo.co.jp/satumagura/seikainokaorikuro1800c.html?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsrg_img]
◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


にほんブログ村 政治ブログへ




[f:id:yamazakikotaro:20180522213321p:plain]