山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog……『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎(やまざき.こうたろう)。哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学を経て現職。「西南塾=政治哲学研究会」主宰。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『 江藤淳と小沢一郎』『保守論壇亡国論』『 曽野綾子大批判』『 最高裁の罠』『ネット右翼亡国論』『 エセ保守が日本を滅ぼす』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『適菜収対談集ーエセ保守が日本を滅ぼす』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。

今日も、テレビは、全局が「アメフト騒動」を煽り続けています。まさしく、テレビが主導する「公開処刑」「人民裁判」「リンチ事件」ですね。 私が得た最新情報によると、被害者である関学アメフト部のQB奥野選手は、1回退場して、あの試合の後半に、再登場しているようです。テレビ局もスポーツライターも、それを言いませんね。

今日も、テレビは、全局が「アメフト騒動」を煽り続けています。まさしく、テレビが主導する「公開処刑」「人民裁判」「リンチ事件」ですね。

私が得た最新情報によると、被害者である関学アメフト部のQB奥野選手は、1回退場して、あの試合の後半に、再登場しているようです。テレビ局もスポーツライターも、それを言いませんね。

後半に再登場。これは、こたいした怪我じゃなかったということじゃばいですか。試合直後も、関学アメフト部の部の監督は、この違法タックルについて問題にしていない。抗議もしていない。

何故!それほどの悪質タックルだったら、試合中断か乱闘にでもなるはずじゃないの?あの試合の現場では、「違法タックル」をたいしたことじゃない、と思っていたんじゃないの?

実は、似たような違法タックルで、日大アメフト部ののQBを「潰し」「怪我」させたこともあったらしい。

何者かが、あの試合のビデオを見て、「お祭り」「血祭り」「魔女狩り」を仕掛けたのじゃないの?