山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

南青山の霧島地鶏居酒屋『きばいやんせ』にて。

南青山の霧島地鶏『きばいやんせ』にて。

昨夜は、鹿児島在の高校同級生の川原さんが、上京したので、川原さんが、フェイスブックでf知り合ったという南青山にある焼酎と焼鳥の居酒屋『きばいやんせ』に行ってきた。客はほとんど鹿児島県関係者で満杯、話題も鹿児島の話ばかりの、デイープな薩摩焼酎居酒屋だった。
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13197797/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoATgB

お店で待ち合わせということだったので、川原さんが到着してから、私は少し遅れてお店に。到着するや否や、店長(親方)の谷口さんが、話かけてきた。例の南洲墓地の大久保利通慰霊祭の話。私のフェイスブックも読んだらしく、「山崎さんの言うとおりだよ」と。

しかも、「アエラ」に掲載されて、私も読んだが、西郷隆盛大久保利通や島津の殿様の子孫たちが、「恩讐を越えて・・・」、楽しく座談会を開いたのは、この店だったと言う。いやはや。

ところで、私は、昨日は大学の授業があったので、午後6時、授業が終わってから、出掛けた。南青山という場所は、聞くことはあるが、あまり馴染みのない場所なので、原宿駅から、スマホ片手に、歩くことにした。

表参道から青山通りへ。青山学院大学とは反対の方角に歩くと、意外に近かった。高級なブテイックや高層ビルが立ち並んでいたが、その先に庶民的な町並みが出現。小さな盛場街になっている。

乃木神社青山墓地も近いらしい。青山墓地には江藤淳の墓もあり、一度は行ってみたいと思っていたが、まだ行ったことはない。地下鉄で行くと銀座線の外苑前で降りると便利らしい。と言うことは、私も、早慶戦などで、学生時代から、よく通った駅ではないか。

私は、今も麹町駅赤坂見附駅永田町駅などは、頻繁に利用しているが、目的地に直行するだけだから、そのあたりの地理や町並みには疎い。意外に、近くまで来ていたのかもしれない。あまり、地下鉄を利用しないので、ここら辺りの地理がよく分からない。





f:id:yamazakikotaro:20180709020037j:plain

敵菜収氏との対談集『エセ保守が日本を滅ぼす』。


本日から全国の書店で発売開始です。見つからない時は書店員に訊ねてください。ネットでも発売されています。近くに大型書店がない時は、Amazonなどでお求めください。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、以下のメールフォームからお願いします。

https://ws.formzu.net/fgen/S49964599
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

⬆︎

「ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。「読者になる」と、新しい記事がアップされる度に連絡が届きます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ネット右翼亡国論』発売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

(佐藤優氏推薦文り)
⬇︎⬇︎⬇︎
『~存在論的に徹底的に掘り下げて、現象を考える山崎哲学の神髄がここにある。~』


ネット右翼亡国論

https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号には、適菜収氏との対談「安倍政権は『バカ発見器』である」が掲載されています。
月刊日本3月号
山崎行太郎の著書。
⬇︎
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

小生(山崎行太郎)も、毎晩、呑んでいる薩摩半島・吹上浜の「芋焼酎」=「西海の薫」(原口酒造)です。鹿児島の「シラス台地」で栽培された薩摩芋の濃厚な薫りがします。


◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️







★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)による情報拡散もよろしくお願いします。