山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

安倍三選に興味なし。むしろ、国政以上に、沖縄県の知事選の行方が気になる。自由党の玉城デニーが立候補宣言?!( 続く)

安倍三選に興味なし。むしろ、国政以上に、沖縄県の知事選の行方が気になる。自由党玉城デニーが立候補宣言?!

おそらく安倍三選の問題より、日本の国政に大きな影響を持つのではないか、と思われる。翁長知事急死の後、その後継候補が注目されていたが、翁長知事のテープが公開され、そこで、名前が挙がっていた玉城デニー氏が、後継候補として浮上して来た。

玉城デニー氏は、小沢一郎率いる『自由党』の衆議院議員である。玉城氏が、立候補を決断したとすれば、小沢一郎の『決断 』があるだろう、と思われる。言い換えれば、小沢一郎が日本の政治の表舞台に再登場して来たということだ。

安倍三選は、どーでもいい。やりたければ、死ぬまでやればいい。恥の上塗りを繰り返すだけである。

沖縄県知事選が、日本の政治を動かすだろう。ようやく、日本の政治が動き出した。。いよいよ、日本の政治が動き出した!安倍三選は、どーでもいい。

安倍三選だろーと、安倍四選だろーと、安倍五選だろーと、やりたいだけやればいい。バカは死んでも治らない。

ーーーーー以下引用ーーーーー

沖縄県の翁長知事の死去にともなう9月30日の県知事選挙で、自由党幹事長の玉城デニー衆議院議員が、翁長知事の後継候補として出馬する見通しとなった。 県知事選挙の候補をめぐっては、翁長知事が生前、自由党幹事長の玉城デニー衆議院議員ら2人を後継に挙げた音声記録が見つかっていて、玉城氏は19日夜、記者団に対し、環境が整えば出馬する意向を示した。 玉城デニー衆議院議員は、「翁長知事が病床にあって、わたしに期待していると言ったことは、本当に重いと受け止めています」と話した。 普天間基地の名護市辺野古への移設の是非が最大の争点になるとみられる県知事選挙には、自民党などが推す、宜野湾市の佐喜真前市長が出馬する予定。 (沖縄テレビ) (沖縄テレビ)

ーーーーー引用終了ーーーーー