山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

( 続2)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。付和雷同するエセ左翼=高橋源一郎の「 赤信号、みんなで渡れば怖くない!」的な、小林よしのり等の言説に異議あり!( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

( 続2)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。付和雷同するエセ左翼=高橋源一郎の「 赤信号、みんなで渡れば怖くない!」的な、小林よしのり等の言説に異議あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 高橋源一郎は、「北条裕子盗作疑惑」について、何か発言したのか?高橋源一郎は、責任をとったのか?高橋源一郎は、群像新人文学賞の選考委員で、北条裕子の『 美しい顔』受賞にゴーサインを出していた当人だったのではないか。《北条裕子『 美しい顔 』盗作疑惑事件》である。まー、それはどーでもいい。高橋源一郎は、今度の《「新潮45」廃刊事件》でも、例によって例の如く、周辺の空気を読んで、今が勝負だと勘違いして、いいタイミングで、登場してきたのではないのか?私は、杉田某氏や小川某氏を擁護するつもりはないが、高橋源一郎のような日和見芸者が、颯爽と登場して来たのを見て、「ちょっと待てよ」と思う。そう思うのは私だけか? おそらくは、高橋源一郎センセイは、「新潮」編集部に泣きつかれて、「よし、おれがやってやるよ」と格好つけたんだろう。高橋源一郎は、《「新潮45」廃刊事件》を、「新潮社」や「新潮45」編集部の責任問題を、あるいは出版界全体の責任問題を、回避、隠蔽して、小川某氏の文章の問題に矮小化しようとしているのではないか。高橋源一郎よ、お前はそれほどのタマか? 高橋源一郎のような作家が、「出版社の使いパシリ」、「御用聞き」、「太鼓持ち」・・・でしかなくなっているところに、出版界全体の危機、文壇や論壇の危機、そして日本の危機と衰退の根本原因は、あるのではないか。