山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

( 続5)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。付和雷同するエセ左翼=高橋源一郎、小林よしのり等の「 赤信号、みんなで渡れば怖くない!」的な言説に異議あり!( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ( 続5)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。付和雷同するエセ左翼=高橋源一郎小林よしのり等の「 赤信号、みんなで渡れば怖くない!」的な言説に異議あり! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

断っておくが、私は、エセ保守も嫌いだが、エセ左翼やエセ左翼市民運動家たち も大嫌いだ。例えば、シールズとかしばき隊とか憲法学者の会とか、普段はおとなしくして、運動が盛り上がってくると、しゃしゃり出て来て、運動の先頭に立ち、旗を振ろうとするような輩である。今また、その種の金魚の糞のようなエセ左翼が、 「 LGBT騒動 」と「『新潮45』廃刊事件」に便乗して大量に登場して来ているようだ。おそらく、この前まで、自民党の使いパシリとして大言壮語していたが、あまりの権力迎合で商品価値がなくなり、今は、立憲民主党枝野幸男や不倫議員=山尾志桜里の使いパシリをやっている「小林よしのり」 や、 いつもヘラヘラと、元妻とともに、マスコミの表舞台に立ちたがる文壇芸者=高橋源一郎等である。とりわけ、高橋源一郎は、「新潮」の次号に、今、マスコミで大バッシングに晒されている「小川榮太郎批判」を書いたそうだが、「今頃、小川榮太郎批判ですか? 凄いですね。センセイ! カッコイイ! 」と同情してみたくもなるというものだ。「 小川榮太郎バッシング」に便乗して、遠く離れた安全地帯=観客席から、ドブに落ちた犬に石を投げて、文壇や論壇のヒーローを気取りたいのかもしれないが、お前の魂胆は、「見え見えの弘田三枝子だよ」(笑)。恥ずかしくないのか? 目障りだから、文壇や論壇から、さっさと消えろ。お前らエセ左翼が消えたら、日本の文壇や論壇にも、爽やかな秋風が吹くだろう。