山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

(続24)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。当初、杉田論文や小川論文を世間の空気に付和雷同して、自信満々に、「揶揄、罵倒、批判」していた「野次馬たち」は、その後、どうしているのか? まだ、「揶揄、罵倒、批判」を続けているのか? ( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー (続24)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。当初、杉田論文や小川論文を世間の空気に付和雷同して、自信満々に、「揶揄、罵倒、批判」していた「野次馬たち」は、その後、どうしているのか? まだ、「揶揄、罵倒、批判」を続けているのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と思ったら、どうも様子がおかしい。小川榮太郎の『 HANADA論文』が出ると、ころりと態度を豹変させて、小川榮太郎の方がマトモだとかなんとか呟きつつ、高橋源一郎矢野優を揶揄 、批判しているではないか。なんだ、その見識のなさは。その尻の軽さは。だから言ったじゃないか。お前たち、金魚の糞のような野次馬文化人こそ、本も雑誌も論文も、ろくに読みもせず、ただ騒ぐだけしか能のない「 ネット右翼 」であり「 ネット左翼」なのだ。恥を知れ、と言いたいが、言わない。この世から、消えろ、馬鹿ども。死ぬ時は、パンツぐらい、穿いとけよ。(笑) 私が、田舎の高校を卒業し東京へ出てきたばかりのころ、「お上りさん」らしく、早速、当時から憧れ、尊敬していた「花のお江戸の文化人」たち、つまり、 小林秀雄大江健三郎等の合同講演を聴きに行ったことがあった。共立講堂だった。その時、小林秀雄が「 馬鹿は、さっさと死ね。」と、吠えていたことを、久々に思い出した。いつの時代も、変わらないらしい。私は、その時、私自身は、「 馬鹿は、死ね 」と言われる側の人間なのか、それとも「馬鹿は死ね」と吠える側の人間なのか、と悩んだものだが、出来るなら、小林秀雄のように、「 馬鹿は死ね 」と吠える側の人間になりたいと思ったものだ。と言うのは半分、冗談。半分、真実。さて、昨日、Amazonから、大江健三郎の『政治少年死す 』や深沢七郎の『風流夢譚』が収録された怪しい本(雑誌? )が届いた。今回の「『新潮45』廃刊事件」から、デモやテロによる言論弾圧事件として、戦時中の蓑田胸喜事件とともに、死者をも出した大江健三郎の『セブンティーン 』事件や深沢七郎の『 風流夢譚』事件を連想し、もう一度、ちゃんと読んでみたいと思ったからだ。特に絶版になっていた大江健三郎の『 政治少年死す』を読みたかった。私は、自慢じゃないが、上京する時、大江健三郎の『 個人的な体験』と『日常生活の冒険 』の二冊だけをバッグに入れていた。それほど、大江健三郎に夢中だった。上京して最初に買ったのも大江健三郎のエッセイ集『 厳粛な綱渡り』だった。早稲田の学生だった兄が、大学の帰りに買って来てくれたことを思い出すと、涙が出る。兄は、昨年の五月の連休明けに、桜島が目の前に見える病院で亡くなった。手帳の最後に、「 〇〇帰る」と書いてあった。〇〇とは私のことであった。私が 、予定より二日遅れで帰った時は、もう意識不明の状態だった。前夜、ベッドから落ちて意識不明に陥ったというのだった。私は、顔が殴られたかのように変色し、荒れていたので、誰かに殴り殺されたのではないかと思ったが、もう無駄だと判断し、兄の名誉のためにも、その方がいいと思って、黙った。私の文学や哲学は、文学や哲学とは全く無縁な兄とともにあった。兄は、自分は文学にも哲学にもまったく興味がなかったが、文学や哲学に夢中だった私には興味を持ち、いつも応援してくれていた。そういう兄のことは、『ネット右翼亡国論』に書いたので、これ以上は書かない。ところで、「『新潮45』廃刊事件」において、新潮社は、エセ左翼の新潮社本社前での抗議デモに恐怖を感じたらしく、あっさりデモ隊の抗議に屈服し、本来、命懸けでも護るべき「執筆者」( 杉田水脈小川榮太郎 )を生贄にしつつ、エセ左翼の抗議デモに土下座したわけだが、ちょっと待てよ、と言いたい。新潮社社員や社長等は、命の危険でも、あるいは会社の存亡の危機でも、あのデモに感じたのか。そんなはずはあるまい。明らかに、エセ左翼のエセ・デモに過ぎなかった。それなのに、何故? 何故、あんなに安易に、白旗を掲げたのか。出版社はそんなに堕落しているのか。多くの日本国民を戦場に残して、自分たちだけトンズラした関東軍とおなじではないか。何処が違うのか? 関東軍の残党は、その後、南方の玉砕戦や沖縄戦に向かい、命懸けの悲惨な戦いを戦ったのだから、それを考えると、今回の新潮社の土下座と敵前逃亡は、関東軍に比肩すべくもないだろう。軍法会議が、もし、あるとすれば、全員銃殺ものだろう、と思うが、どうだろうか。考えすぎか。私は、櫻井よしこ池上彰等のように、「 出版社や編集者は執筆者を護るべきだ 」と言うような、いい加減な、当たり前な原則論( イデオロギー )を述べているのではない。存在論( オントロギー )を述べているのだ。馬鹿は、さっさと死ね、と。夏目漱石は、弟子の鈴木三重吉に送った手紙に、こう書いた。『 僕は一面に於て俳諧的文学に出入すると同時に一面に於て死ぬか生きるか、命のやりとりをする様な維新の志士の如き烈(はげ)しい精神で文学をやって見たい。それでないと何だか難をすてて易につき劇を厭(いと)うて閑に走る所謂(いわゆる)腰抜文学者の様な気がしてならん 』と 。漱石の言う『 死ぬか生きるか、命のやりとりをする様な維新の志士の如き烈(はげ)しい精神で文学をやって見たい』とは何か。あるいは、「 腰抜文学者」とは誰か。 ( 続く)