山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

(続31)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。「杉田水脈論文」を何回も精読・熟読したが、私には違和感はない。「 生産性 」という言葉にも違和感はない。国民総動員的バッシングをしなければならないとは思わない。何故 、朝日新聞は、杉田論文が発表されるや、数日後には、つまり六日後には、「杉田論文批判」のキャンペーンを開始し、それをしつこく繰り返し報道したのか。明らかに、朝日新聞は、意図的に「杉田論文批判」の文意を政治的に歪曲?


政治ランキングに参加しています。「クリック」よろしくお願いします。



人気ブログランキングに参加しています。「クリック」よろしくお願いします。




============= ====
(続31)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。「杉田水脈論文」を何回も精読・熟読したが、私には違和感はない。「 生産性 」という言葉にも違和感はない。国民総動員的バッシングをしなければならないとは思わない。
============= ====

何故 、朝日新聞は、杉田論文が発表されるや、数日後には、つまり六日後には、「杉田論文批判」のキャンペーンを開始し、それをしつこく繰り返し報道したのか。明らかに、朝日新聞は、意図的に「杉田論文批判」の文意と論理を誤読=捏造し、杉田論文批判の「国民総動員的バッシング事件」というスキャンダル事件へと国民を誘導するという情報操作を画策、捏造、拡散したのである。原因があったから、バッシング事件という結果が起きたのではない。バッシング事件という目的のために原因は捏造されたのである。杉田論文が掲載された「新潮45」が発売されたのは7/18、それから6日後の7/24の朝日新聞は、「 子供を作らない同性カップル『 生産性ない』 自民・杉田議員、寄稿 LGBT当事者ら批判」という記事を掲載。翌11/25の社説でも、「 LGBT 自民の認識が問われる」という記事を掲載。本文では、「 性的少数者をあからさまに 差別し、多様な性のあり方を認めていこうという社会の流れに逆行する。見過ごせない見解だ」「 歴史的に少数者を排除してきた優生思想の差別的考えとどこが違うのか」と書いている。杉田論文を読んでいない一般読者を、杉田バッシング事件へと誘導しようと情報操作したのである。その後の展開が示しているように、多くの一般読者は、朝日新聞の捏造記事を鵜呑みにし、狂ったように杉田バッシングへと走り出したのである。これは、明らbkかに、悪意ある誤読と捏造に満ち満ちた朝日新聞の記事の影響である。言うまでもなく、杉田論文をよく読むと、印象は全然違う。杉田水脈は、その論文で、性的少数者を差別していないし、また優生思想なるものを主張してもいない。明らかに意図的な誤読であり捏造である。その朝日新聞が制作し、捏造したバッシング記事に乗せられ、杉田論文を読みもせずに、付和雷同したのが高橋源一郎矢野優「新潮」編集長、内田樹星野智幸・・・等のようなエセ作家、エセ文化人たちであり、エセ左翼市民運動家たちである。高橋源一郎に至っては、「新潮社」の「新潮」編集部の注文通りに、杉田水脈小川榮太郎を批判=罵倒して見せたのである。朝日新聞に、杉田論文批判の明確な実証的、論理的根拠があったわけではない。「 杉田水脈を潰せ 」という杉田水脈批判の「観念論」が、先にあったのである。朝日新聞が、安倍首相の「お友達 」である杉田水脈小川榮太郎を、批判 、攻撃することは悪くない。安倍首相の「 お友達」である安倍応援団の保守派文化人や政治家等を、批判し、攻撃し、潰すことによって、安倍政権の崩壊を目指すことも悪くない。私も、『 保守論壇亡国論』や『ネット右翼亡国論』、そして『 エセ保守が日本を滅ぼす』などで、そうしようと努力してきた。しかし、問題はやり方である。批判や攻撃の方法である。大新聞である朝日新聞が、国民総動員的バッシング記事を捏造=乱造し、実証的根拠も論理的根拠もなしに、スケープゴート作りに励むとは、それが、手っ取り早い効果的な方法だったとしても、決して褒められたことではない。保守や右翼にも思想があり、論理があるのだ。
( 続く)


人気ブログランキングに参加しています。「クリック」よろしくお願いします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
=======メルマガ======
私が、ここに( ⬆ )書く記事は、たえず加筆修正を繰り返しているため、最終稿ではありません。最終稿は、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!『メルマガ=毒蛇山荘日記』」(月500円)でお読みください。登録はコチラから⬇⬇⬇
http://www.mag2.com/m/0001151310.html
============= ====
■■■■■■■■■■■■■■■■■■