山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

( 続11)「 ゴーン逮捕事件」を読む。ゴーン逮捕事件は 、単なる虚偽記載や背任容疑などの会計や経理の事務的、技術論的問題を越えて、「 植民地主義 」や「 日仏比較文化論 」に至るまで、意外な展開を見せている。検察側のリーク情報だけの「新聞/テレビ情報」では見えてこなかった、もっとデイープな情報が、週刊誌等から漏れてくるにしたがって、「日産問題 」の根の深さを感じないわけには行かないようだ。郷原信郎等は、30億か100億だか知らないが、不記載の給与は、退職後貰うはず


「人気ブログランキング」と「ブログ村」に参加しています。一日一回の「クリック」、よろしくお願いします

人気ブログランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

■■■■■■以下本文■■■■■■■
( 続11)「 ゴーン逮捕事件」を読む。ゴーン逮捕事件は 、単なる虚偽記載や背任容疑などの会計や経理の事務的、技術論的問題を越えて、「 植民地主義 」や「 日仏比較文化論 」に至るまで、意外な展開を見せている。検察側のリーク情報だけの「新聞/テレビ情報」では見えてこなかった、もっとデイープな情報が、週刊誌等から漏れてくるにしたがって、「日産問題 」の根の深さを感じないわけには行かないようだ。郷原信郎等は、30億か100億だか知らないが、不記載の給与は、退職後貰うはずだったから記載する必要はない、起訴は難しい・・・と、東京地検特捜部の暴走と勇み足を批判しているようだが、私は、そんなことには興味がない。私が興味を持つのは、フランスという、かっての欧米先進国の一つであった国家が、ルノーによる日産経営を通じて、「植民地主義的支配 」を画策していたらしいということだ。いや、正確に言うと、現実に、その植民地主義的支配は、具体的に実行されていたらしいということだ。言い換えれば、日産の利益の大半が、あるいは一部が、ルノーカルロス・ゴーンを通じて、合法的にか非合法的にかは分からないが、フランス側に吸い上げられていたらしいということだ。この悲惨な現実が、ある意味では屈辱的な現実が、白日のもとに、暴露=公開されただけでも、ゴーン逮捕事件の意味はあったと言わなければなるまい。多くの日本国民は、この屈辱的な現実を知っていたのか。知らなかったのではないか。カルロス・ゴーン日産自動車を取材した経済ジャーナリトたちは、この屈辱的な植民地主義的支配の実態を、これまで、どう描いてきたのだろうか。美談仕立ての「 美しい物語」を描いて、膨大な印税や接待費や遊興費などを得ていたのではないか。経済ジャーナリトに限らず、政治家や経済学者や経済評論家、経済官僚、テレビ司会者等、その他大勢のマスコミ関係者たちも、日産やカルロス・ゴーンに甘い汁を吸わされていたのではないか。植民地主義的支配には、必ず、現地人の中に「協力者 」がいるものだ。イギリスのインド植民地支配は 、現地人エリートに支配=統治を任せて、自分たちは姿を現さないという間接的統治であったが、驚くべきことに、日産支配も同じように、間接的支配=統治だったようだ。ゴーンとケリーという日産のツートップは、ほとんど日本にはいなかったらしい。先日、ゴーンを解任決議した横浜本社での取締役会でも、ルノー側から送り込まれていた取締役の二人は、テレビ会議での参加だったという。つまり、日産の最高幹部の大半は、日本にいなかったということのようだ。我々が、バブル崩壊後、ここ数十年、馬鹿の一つ覚えのように、繰り返してきた「グローバル化 」「 グローバリズム」「グローバリゼーション 」とは、こういう「新植民地主義( ポスト・コロニアリズム ) 」のことだったのだろう。
( 続く)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この原稿( 記事)は、最終稿ではありません。今後も加筆修正を繰り返していきます。最終稿は、メールマガジン山崎行太郎の毒蛇通信』でお読みください。
http://www.mag2.com/m/0001151310.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓