山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『小説・南洲伝』など。

深夜の「毒蛇山荘」でマルクス『資本論』を読む。 ーー私の「毒蛇山荘」には中公論社の「世界の名著 」シリーズの「 マルクス『資本論』 」がある。昔は、というのは若い大学生時代の頃のことだが、一度も手にしたことはなかった。興味がなかった。私は、左翼の馬鹿学生や馬鹿学者が嫌いであった。当時は、左翼学生や左翼学者の全盛時代であった。いわゆる全共闘の時代 、 大学紛争の時代である。「 疎外」とか「 搾取 」とか「剰余価値 」「 下部構


「人気ブログランキング」と「ブログ村」に参加しています。一日一回の「クリック」、よろしくお願いします

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
深夜の「毒蛇山荘」でマルクス資本論』を読む。
■■■■■■■■以下本文■■■■■■

私の「毒蛇山荘」には中公論社の「世界の名著 」シリーズの「 マルクス資本論』 」がある。昔は、というのは若い大学生時代の頃のことだが、一度も手にしたことはなかった。興味がなかった。私は、左翼の馬鹿学生や馬鹿学者が嫌いであった。当時は、左翼学生や左翼学者の全盛時代であった。いわゆる全共闘の時代 、
大学紛争の時代である。「 疎外」とか「 搾取 」とか「剰余価値 」「 下部構造」、あるいは「 唯物史観 」とか「 弁証法唯物論」という言葉に、なんの興味も感じなかった。私は尊敬する思想家=小林秀雄が、マルクス主義者たちを、「お前たちはマルクス主義者であって、マルクスじゃないだろう 」という批判=罵倒の言葉を、そのまま盲信していたからだ。小林秀雄こそマルクスである、と。少なくともマルクス主義者はマルクスではない、と。今でも小林秀雄マルクス論を盲信しているが・・・。私が、その頃、唯一 、興味を持ったのは、廣松渉の「疎外論から物象化論へ 」という言葉だった。私には、廣松渉の「物象化論 」が、いわゆるマルクス主義的な人間主義を批判、否定する思想として、一番、しっくりあったし、理解出来た。それでも、マルクスにも、『資本論』にも興味を持たなかった。私は、柄谷行人の『 マルクス その可能性の中心』を読んで初めて、マルクスマルクスの『資本論』に興味を持った。マルクスが身近な人に見えてきた。特に、柄谷行人が引用する『資本論』の「まえがき」や「あとが」きの、マルクス自身の文章に興味を持った。たとえば、マルクス
書いている。《学問するのに大道はなく、学問の険しい小径をよじ登る労苦をいとわぬ者だけが、その輝かしい頂上をきわめる機会を持つのです。》《汝の道を行け、そして人々のいうにまかせよ!》《すべてのことの始めはむずかしいとは、どの科学にもいえる。だから第一章の、とくに商品の分析を含む節の理解が、最もむずかしいこととなろう。》・・・。私は、これらのマルクスのこばを読む度に、強力な知的刺激を受ける。たとえば、江藤淳吉本隆明の文章を読んだ時のような。これらの文章が、まぎれもなく、生きた文章だからだろう。その後、マルクスの『資本論』の文章も、不思議なことに、すらすらと読めるようになった。マルクスの『資本論』は、三部構成になった大長編論文である。第一部が「 資本の生産過程」 第二部が「資本の流通過程 」と続くが、私には、マルクス自身が難しいという冒頭の「商品論 」「 価値論 」「 貨幣論 」の部分が、もっと面白く、また良く理解出来る。私は、昔から、小林秀雄柄谷行人を読んでいるから、分かりやすく、理解出来るのかもしれない。言い換えると、小林秀雄柄谷行人のような鋭い批評家にしか理解出来ないような原理的思考が展開されているのかもしれない。

( 続く)

============= ====
本稿は最終稿=完成稿ではありません。今後も加筆修正を繰りお返していきます。最終稿は、メールマガジン山崎行太郎の毒蛇通信』でお読みください。
http://www.mag2.com/m/0001151310.html
============= ====