文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

西郷南洲とモーゼ(7)。 モーゼを、失敗したか成功したか、という結果論で評価することは出来ない。モーゼがモーゼになったのは、定住地( 成功 )を拒絶して、砂漠の放浪( 失敗)を選択したからだ。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
西郷南洲とモーゼ(7)。
モーゼを、失敗したか成功したか、という結果論で評価することは出来ない。モーゼがモーゼになったのは、定住地( 成功 )を拒絶して、砂漠の放浪( 失敗)を選択したからだ。モーゼの本質は「 砂漠の放浪 」にあるということが理解出来ない者には、モーゼを語る資格がない。同じように、西郷南洲を結果論で評価することは出来ない。結果論による西郷論は、西郷論として失格である。
■■■■■■■以下本文■■■■■■■

モーゼを、失敗したか成功したか、という結果論で評価することは出来ない。モーゼがモーゼになったのは、定住地( 成功 )を拒絶して、砂漠の放浪( 失敗)を選択したからだ。モーゼの本質は「 砂漠の放浪 」にあるということが理解出来ない者には、モーゼを語る資格がない。同じように、西郷南洲を結果論で評価することは出来ない。結果論による西郷論は、西郷論として失格である。西郷南洲の本質は、負け戦だった西南戦争にある。西郷南洲は、何故、負け戦でしかなかった西南戦争に立ち上がったのか。しかし、歴史学者や歴史作家の多くは 、結果論でしか、歴史的人物や歴史的事件を考えることが出来ない人種のようである。その典型として、圭室諦成(たまむろたいじょう)と司馬遼太郎をあげることが出来る。司馬遼太郎の『 翔ぶが如く』の西郷論は 、歴史を結果論でしか考えていない。だから、負け戦は、司馬遼太郎歴史小説のテーマにはなりえない。西郷南洲大久保利通を描いた『翔ぶが如く 』という歴史小説は、勝利者である「 明治新政府 」側から描かれているのである。勝利者川路利良( 警察官僚 )のフランス留学と、敗者の桐野利秋の生まれ故郷「 吉野村」の描写から始まる。徹頭徹尾、勝者が賞賛され、敗者は批判=罵倒されている。司馬遼太郎が、「 フランス留学 先のパリ」と「 鹿児島市郊外のド田舎」という、お得意の単純明快な二元論で、印象操作していることが分かる。つまり川路利良( パリ )を善玉として描き、桐野利秋(田舎 )を無知蒙昧な悪玉として描こうとしていることが分かる。司馬史観とは、単純素朴な勝者史観である。勝者を賛美=美化し、敗者を批判=罵倒する。だから、司馬遼太郎は、日露戦争までは歴史小説に書いたが 、ノモンハン事件や太平洋戦争は、司馬遼太郎歴史小説のテーマになることはなかった。そういう司馬遼太郎通俗的な大衆娯楽小説の歴史解釈に抗議したのが、三島由紀夫江藤淳だった。特に江藤淳は、「失敗への情熱 」というテーマを主題に、西郷南洲西南戦争を、『 南洲残影』に描いた。そして、最後に、西郷南洲の死骸( 首と胴体 )を前に、こう書いている。
《このとき実は山県( 有朋 )は、自裁せず戦死した西郷南洲という強烈な思想と対決していたのである。陽明学でもない、「 敬天愛人」ですらない、国粋主義でも、排外思想でもない、それらすべてを越えながら、日本人の心情を深く揺り動かして止まない『 西郷南洲』という思想。マルクス主義アナーキズムもそのあらゆる変種も、近代化論もポストモダニズムも、日本人はかつて『西郷南洲 』以上の強力な思想を一度ももったことがなかった。》(『南洲残影 』 )








にほんブログ村 政治ブログへ