文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

■小林秀雄とベルグソンとマルクス。 ー『 感想(ベルグソン論 )』を読む。■ 理論的思考や体系的思考は、理路整然としていて、優れた思考のように見える。逆に、理論や体系を批判し、自由に思考を展開しようとすると、未熟な、いい加減な思考のように見える。マルクス主義という理論的思考や体系的思考を、激しく批判する小林秀雄が、文壇や論壇への登場してきた時は、まさしく、そう見えただろう。当時も今も、小林秀雄を歯牙にもかけないという人は少なくない

・・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・・


============= ====
小林秀雄ベルグソンマルクス
ー『 感想(ベルグソン論 )』を読む。
============= ====

理論的思考や体系的思考は、理路整然としていて、優れた思考のように見える。逆に、理論や体系を批判し、自由に思考を展開しようとすると、未熟な、いい加減な思考のように見える。マルクス主義という理論的思考や体系的思考を、激しく批判する小林秀雄が、文壇や論壇への登場してきた時は、まさしく、そう見えただろう。当時も今も、小林秀雄を歯牙にもかけないという人は少なくない。当時 、旧制高校生だった本多秋五は、小林秀雄マルクス主義批判を読んで、「 変な奴だ。」と思ったそうだ。「 マルクス主義は科学理論だから、理論の客観性や整合性が問題なのであって、心理や自己欺瞞など関係ないはずだ」と。文章やレトリックは上手いかもしれないが、思想や哲学のレベルでは、相手にするだけの知的能力の保有者ではない、と。逆に、小林秀雄を批判し、軽視するような人たちが高く評価する思想家の一人に、おそらく、廣松渉も含まれるだろう。私は、廣松渉が『 〈 近代の超克 〉論』という著書で、小林秀雄等が、戦時中、開いた座談会『 近代の超克』を、京都学派の哲学者たちの座談会『世界史的立場と日本 』と比較しながら、「文士たちのおしゃべり 」として軽く扱っているのを読んで、小林秀雄という存在の恐ろしさが分かっていないことに驚いたことがある。廣松渉にしてそうなのだから、他は推して知るべし、と。廣松渉は戦後の日本で、飛び抜けて優れた思考力の持ち主であり、新しい哲学理論や革命論を切り開いた思想家であり、マルクスエンゲルスの共著『 ドイツイデオロギー』編纂問題では「エンゲルス重視」という独自の分析を試みたマルクス主義哲学者だった。単なる、凡庸な左翼イデオローグではなかった。マルクス主義研究に、「 疎外論から物象化論へ」とか、あるいは「物的世界観から事的世界像へ 」というよな、新しい思想的地平を切り開いた哲学者だった。あるいはまた、近代的思考のパラダイムの基底には「 主観ー客観図式」がある、と言った時には、なるほどと私も驚いたものだった。しかし、そういう廣松渉が、小林秀雄の強靭な思考力についてまったく無関心で無知であるらしいということが分かった時、逆に私は、小林秀雄の偉大さと、小林秀雄の思考力の強靭性とその深さが、あらためて分かったと思った。明らかに廣松渉小林秀雄は違う。小林秀雄廣松渉の違いは、何処にあるのか。むろん、私は、優劣を論じているのではない。ただその思考力の差異を論じているだけだ。
廣松渉は、『 世界の共同主観的存在構造』で、こう書いている。

《 われわれは、今日、過去における古代ギリシア的世界観の終熄期、中世ヨーロッパ的世界観の崩壊期と類比的な思想史的局面、すなわち近代的世界観の全面的な解体期に逢着している。こう断じてもおそらく大過ないであろう。閉塞状況を打開するためには、それゆえーー先には、〝旧来の発想法〟と記すにとどめたのであったがーー〝近代的〟 世界観の根本図式そのものを止揚し、その地平から超脱しなければならない。認識論的な場面 に即していえば、近代的な「 主観ー客観 」図式そのものの超克が必要となる。》

私は、理解不可能な、難解な文章だから、ここに廣松渉の文を引用したのではない。私は、自慢するわけではないが、ここで、廣松渉が何を言おうとしているかは、ほぼ理解できる。問題はそこにはない。問題は、廣松渉が、思考の結果を問うていることだ。たとえばプラトンではなくプラトニズムを、あるいはでカルトではなくデカルト主義を。むろん、廣松渉が、小林秀雄と同様に「 強靭な思考力」の持ち主だということは否定しない。ただ、廣松渉は、ここで、思考力より、理論や体系の整合性や一貫性にこだわっている。そこが問題なのだ。
私は、高校生時代に、思考することの喜びと恐ろしさを、大江健三郎の「小説」や小林秀雄の「批評」などを読むことによって、初めて知った。しかし、その時、分かったと思った「思考することの喜びと恐ろしさ」は、廣松渉的な理論的、体系的思考による新発見とか、発見された新理論ではなかったような気がする。私は、当時、それが何だったのか、よく分からなかったが、今になって、わかり始めたような気がする。私が、廣松渉のような理論や体系を重視する文学者や思想家に興味が持てなかったのは、私が、理論や体系そのものに興味が持てなかったからだろう。たとえば、ドストエフスキーの『罪と罰 』を読んだ時、私は、主人公ラスコーリニコフの殺人理論や殺人哲学に興味を感じなかった。彼の、常識を踏み越えて行く思考力に興味を持った。「 何故、常識にとどまっているのか。何故、一歩を踏み出さないのか」という強靭な思考力に、私は感動し、ドストエフスキーを読み始めた。理論や体系に興味を持つとは、思考の過程ではなく思考の結果を重視することである。思考の結果としての理論や体系を考える段階では、経験や実在との直接交渉としての思考は停止している。廣松渉には、「マルクスマルクス主義の差異」が分かっていない、あるいは興味ないのだろう、と今なら、言うことが出来る。廣松渉は、マルクスの問題を、マルクス主義のレベルでしか理解出来ていないように見える。つまり、思考力の問題より、理論や体系の整合性や一貫性の問題が大事なのだ。過激な思考力があった上での理論や体系のはずだが、それが分かっていない。私は、小林秀雄の強靭な思考力を認めるように、廣松渉の強靭な思考力をも認める。が、しかし、小林秀雄が「強靭な思考力 」という問題を重視しているのに対して、廣松渉は「 強靭な思考力」という問題を認識してもいないし 、重視してもいない。こういう傾向は、近代日本の思想家や学者、文化人に共通する。彼等は、理論や体系が、思想や哲学、学問に必要不可欠な原理原則だと思っている。新理論の発見やその理論の普遍化が評価の基準だと思っている。たとえば、日本の多くの学者や思想家と言われる人たちが、思考力や経験よりも理論や体系を重視するのは、大きな間違いである。要するに、彼等が、しばしば、単なる新知識の「輸入業者 」に過ぎないと言われ、軽蔑されるのは、そこに原因がある。多くの学者や思想家は、それで満足しているように見える。小林秀雄ベルグソンは、そこが根本的に違う。そこに、小林秀雄ベルグソンの歴史的存在意義がある。つまり、そこに、小林秀雄の「マルクス論」の歴史的存在意義もある。小林秀雄ベルグソンは、あるいはマルクスは、そういう理論や体系こそが、人間の自由な思考を制限し、捻じ曲げると考える。
小林秀雄は、『 感想(ベルグソン論 )』で、こう言っている。

《 様々な普遍的観念( idees generals )の起源や価値をめぐる問題に関する論争で、哲学史は一杯になっているのだが、もし、そういう所謂哲学上の大問題が、言葉の亡霊に過ぎぬ事が判明したなら、哲学は「 経験そのもの 」になる筈だ、とベルグソンは考えた。》( 『感想( ベルグソン論) 』 )

小林秀雄ベルグソンが言いたいことは何か。哲学者や思想家、学者等が考えているように思われている「 大問題」の多くは、元々、ありもしない「 擬似問題」に過ぎないと言うことだろう。哲学や思想や学問が、本来的に相手にすべきなのは、そういう擬似問題ではなく、「 経験そのもの」という問題ではないのか、ということだろう。私が、高校生の頃、夢中になって、大江健三郎の小説や小林秀雄の批評を読み始めたのは、彼等の個人的な体験として「 経験そのもの 」を剥き出しにした文章だったからではないか。私は、その頃、未だ未熟で、無学だったから、廣松渉が考えているような、難しい複雑な問題を考えることが出来なかったのではない。

《 実際、彼は、自分の哲学をそういうものにした。哲学という仕事は、外観がどんなに複雑に見えようとも、一つの単純な行為でなければならぬ。彼は、そういうふうに行為して、沈黙した。彼の著作は、比類のない体験文学である。体験の純化が、そのまま新しい哲学の方法を保証している。そういうものだ。 》

小林秀雄の『感想 』には、要約できるような理論も体系もない。しかし、何かがある。何があるのか。おそらく「 経験そのもの 」があるのだ。経験とは何か。我々が、日々、日常的に、苦しみ悩み、そして喜び笑う時に、切実に感じているものだ。我々は、不思議なことに、学問や思想や哲学を語り、論じ始めると、この「 経験そのもの 」を忘れ、見失うのだ。学問や思想が無味乾燥な知的ゲームになってしまうのは、そういう時だ。

《 実在は、経験のうちにしか与えられていない。言い代えれば、私達は、実在そのものを、直接に切実に経験しているのであって、哲学者の務めも亦、この与えられた唯一の宝を、素直に受容れて、これを手離すまいとするところにある。其処からさまよい出れば、空虚と矛盾とがあるばかりだ。 》

哲学も学問も、そして科学も、この「経験そのもの 」と真剣に向き合うところに成立する。

・・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・・