山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『小説・南洲伝』など。

南浦和駅前の氷川神社で。「雉(キジ )の氷川神社」で有名らしい。今は、子供たちの間では、「 どんぐり山 」として知られている。もうすぐ桜が咲きそうです。今日は天気が良かったので、散歩三昧。「辻児童公園」で日光浴をしてから「大谷場氷川神社」へ。この氷川神社は、駅前だが、小高い丘の上にあるので、人

・・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・・


南浦和駅前の氷川神社で。「雉(キジ )の氷川神社」で有名らしい。今は、子供たちの間では、「 どんぐり山 」として知られている。もうすぐ桜が咲きそうです。今日は天気が良かったので、散歩三昧。「辻児童公園」で日光浴をしてから「大谷場氷川神社」へ。この氷川神社は、駅前だが、小高い丘の上にあるので、人がいなくて、脱俗気分が味わえる。江戸時代の『奥の細道 』その他の文献にも出ている。中仙道を行く旅人からも、よく見えたらしい。今は、ビルやマンションが立ち並んで見えないが。江戸を離れる人や江戸へ向かう人、小高い山の上の神社は、中仙道を行き交う人達の目印だったという。氷川神社の向かい側にある「まるひろ」デパートの屋上の食品街の中華料理屋で、ランチタイム。以前は「王府井」とかいう恐ろしい名前の中華料理屋だったが、最近、経営者が変わったのか、名前も変わって 、庶民的な中華料理屋になっている。午後は江古田へ。清水教授、山下教授、岩崎講師等と久しぶりに飲み会。清水正教授は、今年度で、定年。今日は、最後の教授会だったそうです。「 別れの挨拶」が素晴らしかった、と山下教授。時代は代わる。人も代わる。来週は、二週間ほど、鹿児島に帰る。桜も咲いているだろうから、懐かしい小川のほとりで、花見でもしよう。


・・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・・