文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

【毒蛇山荘だより】 やっと毒蛇山荘に到着。昨日は、兄の三周忌を終えて暗くなってから帰宅。なんと電気がつかない。手探りで、室内の電気メーターを点検してみるが、無理。初めての経験。仕方なく、暗闇の中で、焼酎をガブ飲み。そのまま就寝。夜明けを待つしかない。朝、目覚めて、庭に出てみると、 菜の花の咲く毒蛇山荘が、迎えてくれました。早速 、九州電力に電話。何らかのトラブルで、九州電力の方で、ストップしていたらしい。一時間後に、業者が来訪。無事、電気がついた。ああ、良かった。銀行の自動引き落としに、何かトラブルがあっ

・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・・



【毒蛇山荘だより】
やっと毒蛇山荘に到着。昨日は、兄の三周忌を終えて暗くなってから帰宅。なんと電気がつかない。手探りで、室内の電気メーターを点検してみるが、無理。初めての経験。仕方なく、暗闇の中で、焼酎をガブ飲み。そのまま就寝。夜明けを待つしかない。朝、目覚めて、庭に出てみると、 菜の花の咲く毒蛇山荘が、迎えてくれました。早速 、九州電力に電話。何らかのトラブルで、九州電力の方で、ストップしていたらしい。一時間後に、業者が来訪。無事、電気がついた。ああ、良かった。銀行の自動引き落としに、何かトラブルがあったらしい。いやー、驚きました。配線にトラブルがなくて良かった。電気と水道は、生命線です。気を付けましょう。早速、朝の散歩。我が故郷の小川の河川工事はどうなっただろうと、偵察。工事は進んでいたが、完成までには、なだまだのようだ。魚釣りや水遊びが出来そうな夏が楽しみだ。魚道は完成していた。しかし、最近は、魚がまったくいない。時々、鯉は見るが。何故だろう。人がいなくなると、魚も居なくなるのだろうか。そういえば、雀がまったくいない。ウグイスはいるようだが・・・。あ、忘れていた、星が綺麗だ。久々に星に見とれる毒蛇山荘の夜。






・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・・