文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

『南洲伝』覚書(2)ー明治天皇と西郷南洲。 征韓論論争と西南戦争において、はじめて西郷は、「 西郷隆盛」「 西郷南洲」になった、と言っていい。確かに、歴史的事実としては、西郷は、大久保利通や岩倉具視等の策謀に負けた。しかし、西郷は、「 負ける」ことによって 、「 永遠の命 」を得ることになった。西郷は、無能な木偶の坊だったから負けたのではない。負けて勝ったのである。西郷は、ここで、明治天皇と袂を分かち、敵対関係になる。そして、最後は、天皇に刃向かった「逆賊 」として死ぬことになる。だが、むしろ、

・・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・・




『南洲伝』覚書(2)ー明治天皇西郷南洲

征韓論論争と西南戦争において、はじめて西郷は、「 西郷隆盛」「 西郷南洲」になった、と言っていい。確かに、歴史的事実としては、西郷は、大久保利通岩倉具視等の策謀に負けた。しかし、西郷は、「 負ける」ことによって 、「 永遠の命 」を得ることになった。西郷は、無能な木偶の坊だったから負けたのではない。負けて勝ったのである。西郷は、ここで、明治天皇と袂を分かち、敵対関係になる。そして、最後は、天皇に刃向かった「逆賊 」として死ぬことになる。だが、むしろ、明治天皇の方が、西郷を死なせてしまったことに、深く悩み続け、「良心の呵責 」を感じ続けたと思う。明治天皇は、西郷を他の誰よりも愛し、しかも個人的にも、相撲をとったり、ともに九州旅行をしたりと深く交流していた。明治天皇には西郷と敵対するつもりも、見捨てるつもりもなかった。ただ、岩倉具視大久保利通伊藤博文らの反西郷の「 謀略」と「 陰謀 」に巻き込まれただけだった。明治天皇もまた、西郷と同様に、この時、「 負けた」のであり、「 敗者」となったのである。だが、「勝者史観 」に凝り固まった、多くの歴史学者や歴史作家たちは、それを、西郷の敗北、西郷の無能、西郷の前近代性・・・として、要するに「負け犬 」として捉え、西郷を、批判的に描くのが、常識である。それが、思想的に無知無能な歴史学者たちの「 通説 」である。それに対して、福沢諭吉を筆頭に、同時代の、あるいはそれ以後の優れた思想家、文学者、宗教家たちは、負けた西郷を、逆に絶賛する。福沢諭吉中江兆民内村鑑三三島由紀夫江藤淳・・・。何故、彼等は、西郷の「敗北 」を批判し、嘲笑するのではなく 、逆に絶賛するのか。大衆的、国民的な「西郷人気 」も、また、同じだろう。おそらく、ここらに、西郷解釈と西郷理解の難しさがある。むろん、私は、西郷を、「負け犬 」として見下し、嘲笑するかのような、歴史学者や歴史作家たちの西郷解釈や西郷理解に、同意するつもりはない。むしろ、歴史学者や歴史作家の人間理解の未熟さと思想的限界を指摘したいと思う。「 判官贔屓 」を根拠にした大衆的、国民的な「西郷人気 」にも、全面的に同意するつもりもない。ただし、私は、国民的な「 西郷人気 」も、単なる「判官贔屓 」ではないと思っている。もっと深いものだと思っている。むしろ、国民的な「西郷人気 」の底流には、福沢諭吉内村鑑三等の西郷解釈や西郷理解に通じるものがある。歴史学者や歴史作家等が、どれだけ、西郷の愚かさを書き、西郷を冒涜的に描こうとも、「西郷人気 」が衰えないのは、むしろ、歴史学者や歴史作家たちこそが、思想的に貧しいからである。





・・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・・