文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

『小林秀雄とマルクス』(1) ◼小林秀雄が、初期作品において、マルクスやマルクス主義について多くのページを使って、執拗に論じていることは、やはり驚くべきことだと言っていい。

・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・

小林秀雄マルクス』(1)

小林秀雄が、初期作品において、マルクスマルクス主義について多くのページを使って、執拗に論じていることは、やはり驚くべきことだと言っていい。特に小林秀雄のデビュー作『 様々なる意匠』における議論の大部分は、マルクスマルクス主義に関連している。何故 、小林秀雄は、マルクスマルクス主義に執拗にこだわったのか。あらためて、この問題に、私も、こだわってみたい。
小林秀雄が『様々なる意匠』において、「意匠」と呼ぶものは、誤解を恐れずに言うと、イデオロギーとしての 「マルクス主義」のことである。むろん、マルクス主義のことだけではなく、イデオロギーとしての「芸術主義」などのことも含まれているが、やはり中心に位置づけられているのは「 マルクス主義」という「意匠 」である。要するに、小林秀雄は、「マルクス主義」を徹底批判することを通じて、 近代日本において、「文芸批評」という新しい文芸ジャンルを確立したのである。近代日本文学史における小林秀雄の登場は「事件」だったと言われているが、それは、昭和4年当時の流行思想であった「マルクス主義」なる巨大なる思想体系を、思想的に、あるいは哲学的に、あるいは論理的に、激しく批判したからである。しかも、この激しい批判や論争において、小林秀雄が、論争に「勝った」ように見えることである。
では、小林秀雄は、マルクス主義者たちを、どう批判したのか。

《世のマルクス主義文芸批評家等は、こんな事実、こんな論理を、最も単純なものして笑うかも知れない。然し、諸君の脳中に於いてマルクス観念学なるものは
理論に貫かれた実践でもなく、実践に貫かれた理論でもなくなっているではないか。正に商品の一形態となって商品の魔術をふるっているではないか。商品は世を支配するとマルクス主義は語る。だが、このマルクス主義が一意匠として人間関係の脳中を横行する時、それは立派な商品である。そして、この変貌は、人に商品は世を支配するという平凡な事実を忘れさせる力をもつものである。》(『様々なる意匠』)

この文章は、分かりやすい文章ではない。昭和4年の時点で、この文章が、正確に理解されたとは思わない。とりわけ、マルクス主義プロレタリア文学の陣営に属していた、いわゆるマルクス主義者たちのグループは、一読後 、意味が分からず、途方に暮れて、「変な奴」(本多秋五)が現れた、と思ったのではないか。小林秀雄は、マルクスについて
こういうことも言っている。

《 現代を支配するものはマルクス唯物史観における「物」ではない。彼が明瞭に指定した商品のという物である。》(同上)

単なる「物」ではなく、「商品という物」への注目。ここに、小林秀雄マルクス理解の深さがある。当時の「マルクス主義者たち」は、マルクス唯物論を、小林秀雄ほど深く理解していただろうか。しかし、いづれにしろ、小林秀雄マルクス主義者批判は、一過性で終わるどころか、ますます過激になり、大きな思想的波紋を広げていった。言うまでもなく、この小林秀雄マルクス主義者批判の文章は、極めて重要なことを言っていたからだ。
私は、「マルクス」と「マルクス主義」と分けて読むと、理解しやすいと思う。小林秀雄が批判しているのは、マルクス主義者である。マルクスではない。そもそも、小林秀雄は、マルクスだけではなく、マルクス主義さえ批判していない。「マルクス主義者」を批判しているだけである。むしろ 、こう言うべきかもしれない。小林秀雄は、マルクスマルクス主義の理論を使って、マルクス主義者を批判し、攻撃し、論破していった、と。

・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・


-------------ーーーー


山崎行太郎の本。
⬇⬇⬇


f:id:yamazakikotaro:20190624224835j:plain
⬇︎⬇︎⬇︎
適菜収氏と小生との対談集。



f:id:yamazakikotaro:20190629101607p:plain
⬇︎⬇︎⬇︎
ネット右翼」の表層構造( イデオロギー)と深層構造( 存在論)を論じる。ネット右翼には「歴史的必然性」もある。



⬇︎⬇︎⬇︎
安倍政権は「ネット右翼政権」である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想的劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的に分析・解明しています!


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links



曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎
Amazon
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論的政治家論。
⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links





イデオロギー的な観点からではなく、存在論的観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島由紀夫

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作。哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。
⬇︎⬇︎⬇︎
Amazon
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

(続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html