文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

ポツンと一軒家(「毒蛇山荘」)に、珍客あり。 今日は 、珍しく 我が「毒蛇山荘」に来客があった。しかも、Facebookで知り合いになった某氏である。某氏は、鹿児島中央高校を経て早稲田大学文学部を卒業、二階堂進の秘書や県会議員を務めていたという。しかも、『月刊日本』の主幹・南丘喜八郎さんとは、早稲田大学時代に、同じ部活に所属し、先輩後輩の関係にあったとか。さらに、小生の亡兄とも、話したことがある、と。奇遇なり。わざわざ、今日、車で、「毒蛇山荘」に立ち寄ってくれた。感謝 感激なり。車なので、焼酎も飲めず

・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・

ポツンと一軒家(「毒蛇山荘」)に、珍客あり。

今日は 、珍しく 我が「毒蛇山荘」に来客があった。しかも、Facebookで知り合いになった某氏である。某氏は、鹿児島中央高校を経て早稲田大学文学部を卒業、二階堂進の秘書や県会議員を務めていたという。しかも、『月刊日本』の主幹・南丘喜八郎さんとは、早稲田大学時代に、同じ部活に所属し、先輩後輩の関係にあったとか。さらに、小生の亡兄とも、話したことがある、と。奇遇なり。わざわざ、今日、車で、「毒蛇山荘」に立ち寄ってくれた。感謝 感激なり。車なので、焼酎も飲めず、短時間で帰って行った。小生は、昼間から、一人で祝杯。隣の「かしわの友達」で 、「かしわの刺身」と「タマゴ」「鳥レバー」を、歩いて10分ぐらいのところにある仮設の野菜売場で、「ほうれん草」や「トマト」「ニンジン」「ミカン」「ネギ」「ダイコン」・・・等を買う。これで野菜不足が解消(?)。インフルエンザ対策も万全なり。まずは 、鳥刺しとトマトで乾杯。窓外には霰が・・・。さー、『 南洲伝 』を完成させるぞ。

・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・